沖縄の旅2006その1 塩川

 
a0023152_22251981.jpg

 13日の夜に新幹線で東京に移動。モノレールから眺めた夜
の東京に見とれる。羽田のホテルに到着したのは、11時半。
羽田のエクセルホテル東急は、寝るだけではもったいないほど
の快適なホテルだった。日頃安いビジネスホテルにしか泊まった
ことがないので、広いベッドと浴槽に感動する。
 しかし、このホテルをとってくれた旅行社の方は、気を利かせて
くれたのか朝食抜きのプランで予約していた。朝はあわてて空港
にむかい、わずかにオープンしている喫茶店を探して、サンドイッ
チの朝ご飯。ぎりぎりにチェックイン。飛行機に乗り込む。
 実は、その日東京は大停電だったらしい。後から知ったのだが
東京は大混乱だったであろう。12月の新潟大停電を想い出す。
 行きの飛行機の中から見えた富士山に感動した。てっぺんの雪
がなかったが、明らかに富士山であった。
 2時間空の人になった後、那覇空港に到着。真夏の沖縄は初めて。
空港のスタッフがアロハシャツを着ているが、それがとても自然に見えた。
 まずめざすは塩川。天然記念物の川。日本で一番短い川だという。
この川のことを雑誌で知ってからどうしても行きたかった。国道沿いに
見落としそうな看板があって、その先にある。昆虫がたくさんたたずんで
いる。たくさん虫にくわれて痒さに耐えながら、水をすくった。わき水なの
に塩水らしい。水はすんでいて冷たいがなめる勇気がなかった。 
[PR]
by nokogirisou | 2006-08-14 21:56 | 日々のいろいろ
<< 沖縄の旅2006その2 海 沖縄へ >>