『自分の中に毒を持て』

 
a0023152_743341.jpg

 岡本太郎の言葉は、今も私を刺激する。少しも古くなっていない。
あのぎらぎらした目と、言葉が一緒に届いてくる。
岡本は人生は積み重ねでなく、積み減らしていくことだという。
財産も知識も経験も蓄えて蓄えて、それに頼って安心して生きる
のではなく、一回一回が勝負で、そのときの自分をかけて闘う。
自分から逃げない。
自分にとって危険な道を敢えて選んできたという。
岡本太郎は幸福ということばがきらいだ。彼は「歓喜」という言葉
を求める。危険なこと、つらいこと、死と対決して人間が燃え上がる。
そのときにわき上がるのが「歓喜」なのだという。
[PR]
by nokogirisou | 2006-08-21 07:32 | 本と図書館
<< 新潟でゴーヤー 台詞 >>