フィールズ賞

a0023152_2137346.jpg

  数学者にあこがれる。(しかし、私自身は数学の抽象性からほど遠い
ところをじたばたして生きている。)
 サッカーのオシム監督も数学が得意で、サッカー選手や監督に
なっていなかったら、数学の教授になっていただろうという。
 しかし歴史上の数学者には、変わり者が大変多いらしい。変わり者と
いうより、極端なマイペース人間といったらよいのか。
 今回、フィールズ賞を辞退してマスコミをにぎわしているペレルマン氏
もまた、変人と呼ばれるのを避けられないだろう。これまでも名誉や地位
に背を向けてきたそうだが、今回もまた辞退。40歳で、母と二人ぐらし。
極端なマスコミ嫌い、栄誉など求めない。有名になって生活が乱されるの
を嫌がり、数学者もやめるという。「孤高の数学者」と呼ばれている。彼が
解決の道を示したという、難問「ポアンカレ予想については、正直言って私
にはよくわからないが、数学とは不思議な学問だと思う。
 以前、ある人が「数学は美術に似ている。」と言った。孤独な作業、美を
求めるところが共通点なのだろう。
[PR]
by nokogirisou | 2006-08-24 21:37 | 日々のいろいろ
<< Cocco の活動再開 お土産 >>