お化け屋敷

 子どもの頃は、デパートの催し物会場で夏になると必ずお化け屋敷を
やっていたような記憶があります。それが大好きで、毎年楽しみに
通っていました。いつのまにか、行かなくなり、デパートでのお化け
屋敷を今でもやっているのかどうかわからなくなりました。イベント会場
などのお化け屋敷も、あまり長続きしていないような気がします。
 いまごろお化け屋敷をやるといったら、大きな遊園地か学園祭か地域の
お祭りくらいでしょうか…。
 突然、振って湧いたような話で、お化け屋敷をプロデュースすることに
なりました!
 ところが、今の世の中、人を怖がらせるというのは至難の業で、何をや
っても若い人たちはあまり怖がらない。お墓も棺桶も、怖くないというのです。
「着信有り」や「親指さがし」などの映画のパクリは問題があるそうで…
いったい、何が怖いのか、検討委員会など開いています。
 
[PR]
by nokogirisou | 2006-09-14 05:39 | 日々のいろいろ
<< 機械に弱い 究極の麻婆豆腐 >>