格差社会

 どこもかしこも「格差社会」。あらゆるところに2極化が進んで
いることを感じる。
 書店にいっても「格差」というキーワードを含んだタイトルの本
が多いこと多いこと。
 なんでも、極端だけを見ていてはいけないと思うのだが、目
に入るもの、耳に入るもの極端な情報ばかりだ。
 



最近特に感じるのが教育格差だろうか。

 ものすごく勉強する子どもとまったくしない子ども
 ものすごく教育にお金をかける家とまったくかけない家
 情報豊富で子どもの教育に関心を持つ親とまったくない親
 
 単純にこうやって並べるのもおかしいのだが、最近両者を
目の当たりにし、本当に格差が広がっていることを実感する。
「お母さん」をやっておられる職場の仲間の話を聞いても、やはり
そうだ。その格差のもとになっているのが経済的なもの、地域的な
ものであることは否めません。
 最近の親御さんは、公教育に対しては信頼をおいていない方が
多い。だから、塾に行かせる。私立学校の受験をすすめる。
新潟でも首都圏と近いような状況になりつつあるのか…とびっくり
である。
 
[PR]
by nokogirisou | 2006-09-27 05:39 | 日々のいろいろ
<< 小説を書く友 村上春樹 オコナー国際短編賞受賞 >>