突然やってくる幸

  以前、突然やってくる鬱について書いたが、突然星まわり
がよくなって、幸運がやってくることもある。本当に星まわりだと
しか思えない。何かの力で私は生かされているように思う。
 しかし、そういうときには、なんだかその幸せにひたっていて
いいのかな?ととても不安になってしまう。
 長らくお会いできなかった人に会うことが出来た。それだけで
とても幸運だと思った。自然に会話できることがありがたかった。
とことんそのうれしさを満喫してしまってよいのか、それともまた
やってくるであろう、不安や孤独を予想して、冷静にかまえていた
方がよいのか。これまで、ちょっといいことがあって喜んでいると
かならず、その後には、階段からころげ落ちるような落胆があった。
失敗もあった。そういうことの積み重ねの日常。
 一喜一憂はばからしいと思うのだが、喜べるときにとことん喜び
満足しておかないと、一生がつまらないものになってしまうと思う。
だから、うれしかった今日を心から喜びたい。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-03 21:46 | 未分類
<< ただ願うのは… 衣更え >>