メール

 最近、○○さんと連絡がとれなくなってしまった…と若い友人から
メールが届きました。メールの返信がまったく来なくなってしまったけれ
どその理由がわからないということでした。そして彼女はそのために深い
孤独感を味わっているようでした。
 便利のようで、こわいメール。メールのおかげで人間関係は昔とは
大きく変わったと私は感じています。
 基本的に、私は緊急以外のメールの返信は急がないことにしています。
 そして相手の返信も期待しない。
 返信を急いだり、まったりする習慣はとっても苦しいことになってしまう
から。(昔は私も返信が来ないことでかなり落ち込んだり、苦しんだりして
いました。)

  もちろん、すぐ返事がほしいなと思うときに、まったく返信がないと、
相手の気分を害してしまっただろか、タイミングが悪かっただろうかと
不安にまりますが、相手には相手の事情があり、思いがあるのだから
それを尊重しよう…と。
 返信が長らくないと、次のメールを送信するのに躊躇してしまいますが
用事のあるときや、伝えたい思いがあるときは、メールしてしまいます。
 メールというのは、相手が見えないので喜びもショックも唐突です。
そして想像力が働きすぎたりします。
こちらの思いこみで一喜一憂してしまう。
やはり、依存しすぎないことだと思っています。
 
[PR]
by nokogirisou | 2006-11-19 03:54 | 日々のいろいろ
<< イタリア製パスタ ピンチ >>