純文学とは

  純文学はエンターテイメントとは違う。
そこには発見がないといけない。
現状とは違う、なにか新しい世界が見えないと
純文学にはならない…のだそうだ。
 小説の言葉は、つかい古された陳腐なもので
あってはならない。
 リアリティがあって、血のわくような、なまなましい
言葉をえらびとりたい。
 
[PR]
by nokogirisou | 2006-11-22 23:43 | 本と図書館
<< 理不尽つづき 暴力について >>