理不尽つづき

 11月15日からトラブルに巻き込まれ、怒濤のような日々が続い
ている。毎日緊張感。
 どんなに間に入って、説得しても当事者は納得なさらない。
 堂々巡り。話が通じないことのもどかしさを毎日感じている。
 論理というものがまったく意味がないことを痛感する。
 論理が通用するのは、互いの頭が冷えて冷静なときだけだ。

 その他、何をやってもついていない。
 18日に大事な会があったのだが、のっぴきならない所用のため
参加できなくなり、そのお詫び状と、宿題を封筒にいれて前もって送
ったのだが、その手紙が会の担当者に届いていなかったらしい。
 「どうしてドタキャンしたの?」という問い合わせが今頃きた。
大変失礼なことをしてしまった。やはり電話一本同時に入れておく
べきだった。手紙というのは、配達されないということがあるのだ!
 また昨日は22日締め切りの原稿をどたばた仕上げてたしかにメール
に添付して送ったのだが(送信記録にも残っているのだが)相手方から
届いていないという苦情メールが届いた。これはいったいどういうことか?
 すべてがうまくいかない。 
 
[PR]
by nokogirisou | 2006-11-23 17:22 | 日々のいろいろ
<< カウンセリングのことば 純文学とは >>