アルカン

  たまた今日の朝聞いていたNHKFMの「ミュージックプラザ第1部」
で知ったアルカンという作曲家が気になっている。
 リストやショパンなどとサロンで交流をもちながら、あっという間に人々の
前から姿を消してしまったという作曲家ピアニスト。
 この日私が聞いたのは短調による12曲のエチュード作品39 から 「悪魔つ
のスケルツォ」と「「大ソナタ“四つの時代”作品33」だった。
 なかなか超絶技巧の必要とする曲で、リストともショパンとも違う響きがあっ
た。前者の演奏はリンガイセンと記憶しているのだが、後者の演奏が誰だった
のか記憶していない。
 もっと聞いてみたい作曲家だ。
[PR]
by nokogirisou | 2006-12-01 23:12 | 音楽
<< バーチカルタイプ 川渡りもち >>