何のために働くのか

  能力が高く、働き者で元気だった同業者が倒れた。
無理がたたったに違いない。朝から夕方遅くまで、仕事の
鬼だったという。彼女の分の仕事を周りの仲間でなんとか
穴埋めしている。
 これは少なからずショックだった。
 私の周りの同僚たちは、やはりみんな働き者。毎日遅くまで
職場に残っている。お茶をのんで雑談などという時間もない。
お昼を食べる時間もそこそこに、とにかく次から次へと襲ってくる
仕事に立ち向かっている。
 でもたくさん働いたからといって、給料が増えるわけではない。
少しでも自分が満足するために、少しでもお客さんたちに喜んで
もらうためにせっせと仕事をする。
 さて、何のために私たちは仕事をするんだろう?
 結局疲れ切って、ぼろぼろになって、やり手の人たちに追い立て
られて、結果を求められて、むなしくやるせなくなるばかり。
 病気になっても誰も助けてはくれない。楽しくなくても誰のせい
でもない。
  仕事だけの人間になるまいと思う。適度に遊び、適度にエネル
ギー補充しながら、仕事を愛す。そんな風でありたい。
[PR]
by nokogirisou | 2007-01-26 22:13 | 日々のいろいろ
<< イタリアンレストラン 狐の書評 >>