別れの季節

  職場の送別会を近場の温泉宿で行った。
お世話になった方の突然の異動のお話に、驚いたり、感傷に
ひたる間もないまま送別会。
 私たちのミッションを航海にたとえるならば、目的地にたどり
つく前にいろいろな事情で下船される方たちがいる。
 残された者たちは、これからの仕事に右往左往。
 頼りにしていた人を失ってショックを覚えながらも、意地でも
これからなんとかしなくちゃと思う…。

 今回の送別会は、有志でおこなったものだったので、けっこう
みんな言いたい放題。今の職場に対する不満や愚痴もたくさん
きかされた。
たしかにそうなのだけれど…でもという思いが私にはある。

ここでしかやれないこと、ここだからこそやらねばならないことがある。
だったら楽しくやろうよ。
ある部分鈍感になろうよ。

 そう思っていたら、私たちの航海の船長はこうのたもうた。
「忙しくて、大変な職場だ。そういうときだとミスもあろう。でも我々同じ
船に乗る者たちは、それを責め立てたり、責任を追及するのではなく、
受け容れて、思いやりをもっていっしょに仕事をしていこう。きれい事では
ないけれど助け合っていかなければ目的地に着けない」
[PR]
by nokogirisou | 2007-03-20 23:35 | 日々のいろいろ
<< 存在 愛着珈琲夜会 >>