存在

 誰かにとって自分の存在はいったい何なのだろう?と
思うことはよくある。
 この人にとって私はただの○○なのか。
 この人にとって私は△△程度なのか。

だいたいが否定的。マイナス思考につながる。

 でもそういうとらえ方は豊かな人間関係をうまないものだ。
 自分が何かに依存せずに、楽しく豊かに生きていれば
人が自分をどう思うか、どう判断するかはあまり気にならなく
なるのではないか。代償を求めない愛を持っていれば、自分の
存在感の濃さを相手にもとめることはないだろう。
 …とおもいつつも、愛する人たちには愛してもらいたいと
思うのが人間。その実感のあるときには「自分の存在は…」
などと考えない。
[PR]
by nokogirisou | 2007-03-21 06:56 | 日々のいろいろ
<< おいしい珈琲の入れ方 別れの季節 >>