コミュニケーションのむずかしさ2

 一番苦手なのは、だんまり。無表情で、だまってしまっている
相手にはお手上げ。どうしたらいいのかわからなくなる。
 どうしてそんな風になってしまった?
 あなたは今何をしたいの?
 何が嫌なの?
 聞いてみたいけれど、どの質問も不適当であることがわかって
いるので、何も聞けない。あたりさわりのない声かけをする。
 でも彼女の背中は語っているのだ。
 「とにかくいやだいやだいやだ。何もしたくない」
 エネルギーがない。
 彼女はだれとも話したくないのである。
 結局、何もわからないまま、わたしたちは別れることになる。
[PR]
by nokogirisou | 2007-03-23 01:32 | 日々のいろいろ
<< 年に一度の宴 おいしい珈琲の入れ方 >>