ネルソンの庭

 
a0023152_2124043.jpg

 新潟も桜の季節がきた。スイセン、モクレン、レンギョウ、ユキヤナギ。一斉
に咲き始めた。百花繚乱という言葉は新潟の春を表す言葉だと勝手に思って
いる。
 さて…、昨年11月11日にオープンした新潟県の旧副知事公舎を利用して
できたカフェ&レストラン「海の洋館 ネルソンの庭」に出かけた。以前から何度
かチャレンジしていたのだが、土日の夜はパーティで貸し切りのことが多く、
これまでは、なかなかチャンスがなく、今日ようやく入店が実現した。
 建築的にこの建物には興味があった。山本宇一氏が総合プロデュースしたと
いう。もとの洋館がどのように活かされているのか…。
 興味をそそられたのは、中央の和室と入り口左手のクラシカルなバーである。
レトロな感じに惹かれる。しかし全体にはとても近代的な建物に生まれ変わっている。
私たちが通されたのは奥のスペース。スクエアの横。四角く囲まれた芝の庭が見える
窓際の席だった。カフェスペースでは結婚式の二次会の準備がされていた。
 メニューは、思ったよりも庶民的。ランチはどんぶりもの、パスタ、カレーがあるそうだ。
夜もアラカルトで選べる。かっこつけてサラダとスープとパスタをオーダーする。デザート
がとてもおいしそう。季節的に苺をつかったものがすてきだった。
 今日秀逸だったのは、ウニとカニのトマトクリームソースのリングィーネだろう。
パスタのゆで方も、ソースのこくもちょうどよく、大変美味だった。おもしろかったのは
トマトのスープ。まるごとトマトがコンソメスープの中に入っていて、ほぐしながら食べる。
コンソメがよい味で、トマトの酸味とよくあっていた。

 ネルソンの庭という店名がとても気になっている。
 また来てみたいと思える店だった。(あー私はなんて単純なんだろう?)
 
[PR]
by nokogirisou | 2007-04-08 22:59 | 日々のいろいろ
<< 失敗つづきの… ひさしぶりの… >>