歓送迎会

 昨晩は、市内のホテルの宴会場で、職場の歓送迎会だった。
一年で一番肩のこる、飲み会である。
 そのホテルでは、ほかの職場の歓送迎会もたくさんやっていて
混み合っていた。うちの職場の会はなんともほそながーい宴会場で
行われ、ちょっとした違和感があった。
 右はしのテーブルだった私は、退職者や、転勤した人たちのお顔が
まったく拝見できなかった。新任の方の様子ももちろんみえないのだ。
こんな宴会場があるのか…とびっくり。笑いがとまらない。
 しかし、幹事さんががんばってくれたおかげで宴会料理はなかなか
美味で豪華で、披露宴のようだった。
 ただ歓送迎会という会の性質上、席の移動が激しく、なかなか落ち着
いてたべていることができない。こういう席では、本音ではなく、たてまえ
の挨拶がえんえんと語られるしかない。しかたのないことだ。
 社交辞令の中にも、ふだんあまりしゃべったことがない方とことばを交
わせたり、なじめなかった新任の方のあらたな一面を発見して、ちょっと
した楽しみもあった。
[PR]
by nokogirisou | 2007-04-14 09:09 | 日々のいろいろ
<< コーチ! 失敗つづきの… >>