越後の旅においでください

 日曜日、年に一度の会合があって、長岡の奥座敷「蓬平温泉」に行った。
蓬平といったら、あの中越地震で道が閉ざされ、大変な被害に遭った場所
である。長岡から何分もかからずに来られるのに、自然がたっぷり。闘牛の
山古志もすぐそば。緑の木々と渓谷。自然たっぷりだ。そして金運、海運の
神を祀る高龍神社がある。
 今回そこを会場にしたのは復興を祝ってのことだった。2度の地震やら水害、
大雪と災害続きで蓬平は、大変な目に遭ったという。
 今回お世話になったのは「和泉屋」だが、和泉屋が3年前の中越地震に遭った
のはちょうど、お風呂を新しくした後だったという。建物の外部は大丈夫だった
が、内部はぐちゃちゃ、新しいお風呂もだめになったそうだ。女将さんは本当に
涙が出てたまらなかったらしい。ようやく、内部を直して、復興したかと思ったと
ころで、また中越沖地震。すっかり風評被害で、合計3500人ものキャンセルが
あったそうだ。
 しかし、去る客がいる一方で、ほそぼそと訪れる客もいて、女将さんは感謝
感謝だという。災害を通して、人の優しさにふれ、また頑張ろうという気持ちになった
のだという。またありがたいことに地震のたびに源泉の温泉が濃くなっているのだ
そうだ。
 今回、和泉屋のサービスはすばらしかったし、季節の食材たっぷりの食事も
も満足だった。
宿泊ではなかったのだが、休憩をした和室も落ち着いていてくつろげた。館内にさりげ
なく飾ってある、絵や書も趣があった。会議と会食のあとに温泉に入ったが、本当に
つるつるである。ゆったりとした気分になり疲れがいやされた。「月の湯」「星の湯」の
2種類の温泉を楽しんだ。時間交代で「風の湯」にも入れるそうだ。
 蓬平っていいところだなとしみじみ思った。
 みなさん、どうか蓬平においでください。
[PR]
by nokogirisou | 2007-10-01 21:07 | 日々のいろいろ
<< アン・サリーの音楽ふたたび 最高の一杯と出会える店ルシュオーゾ >>