「ほんぽーと」新潟市中央図書館

 オープンした新潟市中央図書館に行った。いやいやびっくりだった。
こんなに図書館に人がいるのを初めて見た。親子、学生、年配の人
から若いお姉さんまで様々な年代の人が集まってきている。
 人でひしめいている図書館というのはよいものだ。
オープン間もないので今はめずらしさで来ている人も多いだろうが
これからが、勝負だろう。市民に根付くかどうか。図書館を育てていく
のは市民だ。かしこい利用者になっていきたいと思う。
 私はこれまで、古い専門書や高価な本以外は何でも買って読んで
いたがこれからは図書館を利用したいと思った。新しい本がたくさん
入っていることも、一人10冊まで借りることができることも、アクセスが
便利なことも魅力だ。視聴覚ソフトの貸し出しもできる。開館時間も8時
までという。日曜祝日も営業している。本当にありがたい。
 学生時代、東京の公共図書館は資料数多く、とっくに視聴覚ソフトの
貸し出しもしていて、本当に便利でありがたかった。新潟に戻ってきて
から、いつも図書館に物足りなさを感じてきたが、やっと生活の場に図書館
がやってきてうれしい。
 また喫茶、アイスクリーム店など入っているのもうれしい。
出店は「カーブドッチ」だ。本を読める喫茶が好き。滞在型の図書館に
なったことがうれしい。
 
[PR]
by nokogirisou | 2007-10-06 19:21 | 本と図書館
<< 斎藤美奈子講演会「文学との付き... 若桑みどり氏の死去 >>