ホテル内に図書館…ホテルセンチュリーイカヤ

  20日の朝日新聞新潟版で、ホテルセンチュリー1階から3階
までを図書館にするという計画があることを知った。センチュリー
イカヤといえば、直江津のシンボルのような駅前ホテルである。
 この夏私も懐かしい恩師と会うためにここを訪れた。ラウンジから
見る庭はなかなか緑があざやかで、居心地抜群だった。あのホテル
も最近は婚礼が少なくて、収益減だったという。
 そのホテルが図書館になるという…。
 上越市は直江津地区の図書館開設の場所を探していたそうだ
が、ちょうどホテルの方から申し出があったという。特定の企業の
利益になるのではという声もあったそうだが、駅の前という利便性
とコスト面から話が進んだようだ。
 これをどう判断すべきか。
 図書館は本当は、図書館専門の設計士が設計し建築するのが
望ましいと思うが、お金もない、場所のないというのならやむを得ない。
図書館ができることが何より重要だ。
せめて内装は、しっかりした設計士が関わり、家具も図書館専用の
しっかりした木製のものにして欲しいと思う。
 図書館というのは、ただ部屋があって本を並べればよいというもの
ではない。そこのところを市はしっかり理解してほしい。
 駅の前という立地条件のよさを生かし、すてきな図書館が誕生して
ほしいと思う。
[PR]
by nokogirisou | 2007-11-20 23:01 | 日々のいろいろ
<< 『百年の愚行』紀伊国屋書店 図書館生活「ほんぽーと通い」 >>