仕事納め

 先日、インフルエンザのことを書いたが、実際にかかっていたのは
1人で、あとはおなかの風邪であった。ウイルス性胃腸炎というおそろしい
風邪である。
 おかげで、本当にあちこちの約束をキャンセルすることになり、食事は
おかゆとうどんの粗食続き。こちらは、やっと喉の調子がよくなり、食欲
もりもりなのだが、家族が病気では、ごちそうなど食べれない。夜もでかけ
られない。今日も忘年会に出られなかった。ついていない…。
 両親は、年齢のせいもあり抵抗力がない。しかも頑固でこちらのいうこと
をきかない。不機嫌である。
 ほんとうに病気に振り回される年末だ。健康第一だと改めて思う。
 
 ところで、今日は仕事納めだったが、昔にくらべて情緒がなくなった。
まず、大掃除をする暇がない。6時半まで業務に追われ、そそくさ挨拶を
して帰ってきた。「今年もお世話になりました。よいお年を」と玄関でしみじ
み語る余裕などない。
 本当に職場に余裕がなくなったと思う。机の上はぐちゃぐちゃ。4日に仕事
の続きがすぐにできるようになっている。
 6日間は、まったく職場にいかなくてよいのだ。これはすごいことだ。

 それにしても、とても年を越せる状態ではない。年賀状はまだ書いていない。
大掃除なんてとんでもない。クリスマスツリーも片づけてない。今年中にやらねば
ならない仕事は残っているし、読みかけの本も山のようだ。とほほの年末である。 

 
[PR]
by nokogirisou | 2007-12-28 22:23 | 日々のいろいろ
<< 「武士の一分」 ザビーネ・マイアー >>