ルスティカ

  ルスティカはイタリアンレストランである。裏通りにある小さな、気持ちのよい
店である。イタリア中部トスカーナ地方の料理とワインを専門にしている。昨年
の2月に年上の友人につれていってもらって以来、気になっていた店である。
 前回に訪れたのは、2月3日だった。ちょうどその翌日からお店をお休みにして
イタリアに「帰」られるとのことだった。新潟空港から、ソウル経由でローマに
入り、車でウンブリア州、マルケ州、トスカーナ州を回る旅にでたのだ。彼らは
毎年2月にイタリアに帰る。そしてトスカーナ地方の食材を求め、英気を養って
日本にもどってくるという。
 ほぼ一年ぶりに訪ねた店は、前回と同じように奥さんがあたたかい笑顔で迎え
てくれた。
 料理を待っている間にイタリア旅行中に撮影したという写真のつまったアルバム
を見せていただく。イタリアという国は私にとっては未知の国だ。
 ここのお昼は一日16食分しか生麺を用意しない。その触感、こしがすばらしい。
前菜のゴルゴンゾーラソースのサラダのあとに出てきた牛肉のラグーのショート
パスタもインゲン豆とトマトソースのスパゲティも美味だった。ふだん、私が家で
ゆでるイタリア産のスパゲティとも、これまでたべてきたイタリアレストランのパス
タ料理ともちがう。別物の料理のようだ。いっしょに出されるパンもまた独特でおい
しい。まわりの皮は厚めだがかりっとし、中はもちもち。酵母の香りがすてきだ。
パスタのソースをつけて食べると抜群だ。
 デザートは、「おばあちゃんのタルト」という名前だった。松の実の入ったフィリング
が香ばしくてとろけるようにおいしい。上にかかった白い粉砂糖は雪のようだ。
濃い珈琲と良く合う。
 満足であたたかい気持ちで店を出る。
 
[PR]
by nokogirisou | 2008-01-31 22:01 | 日々のいろいろ
<< 今年のテニス 今気になっている本 >>