奈良の旅2

 法隆寺で夢殿を見学した後には、中宮時にも足を運んだ。あの
美しい如意輪観音をどうしても見たくなったのだ。職場の同僚は
太秦の広隆寺の弥勒菩薩の方が美しいというが、私は中宮時の
方が好き。
 法隆寺を後にして、「志むら」に戻り、タクシーを頼んでもらった。
これから古墳を見物に行く。飛行機の上からもたくさんの古墳を
見ることができたが、どうしても近くで見てみたかった。どうせなら
前方後円墳を見たいということで、法隆寺から近い、「ナガレ山古墳」
を見にいくことにした。けれどもタクシーの運転手さんは場所をご存じ
ない。とりあえず馬見丘陵公園に向かう。
 広大な後円だった。見事に整備されているのに、人がすくなくて
もったいない感じがした。公園事務所の方に場所を教えてもらって
古墳をめざす。突然、目の前にこんもりしたものが見つかって声を
挙げた。埴輪が周囲に並べられている前方後円墳である。復元整備
してあり当時の古墳をイメージすることができた。
 本当は飛鳥の方に行き、古墳巡りをもっとしたかったのだが、今回は
時間不足。これでがまんして、法隆寺駅もどった。
 こうしてようやくJR奈良駅に戻り、そこから東大寺をめざした。
 そこで出会ったのが人なつこい鹿たちである。本当にしゃべりそうな
顔をしている。鹿せんべいを持っていると、鹿たちが一斉に近寄ってくる
のだった。
[PR]
by nokogirisou | 2008-03-04 01:07 | 日々のいろいろ
<< 奈良の旅3 奈良の旅1 >>