怒りすぎだろうか?

 またあっという間に一週間。激動の一週間だった。
なんだか怒りと失望の連続だった。
 こんなに熱く怒ってばかりいて大丈夫だろうかと思う。
怒る私がばかなのか。

 声の大きい人の発言にトップが振り回されている状況には
うんざりだ。たったその人の一言で、根本からシステムが
覆されてしまう。それまで積み重ねてきたことがあっという間に
無になってしまう。
 会議のたびに文句ばかり言う人にもうんざり。文句を言うなら
建設的な対案を考えてほしい。最近なんでも反対ばかり、文句
ばかり言う「ぼくちゃん」が多くて困ってしまう。内田樹ではないが
自分の役割を粛々と果たしていく大人の存在が必要だ。
 そして、おそろしい最近の人事。評価とは何なのか。
実績とは何なのだろうかと思ってしまう。目に見える実績だけ
が評価され(その実績も一人の個人のものではないはずなのに)、
地道な地味な成果は無視されていく。
 ひとたび無能扱いされてしまうと、ずっとそのまま。おそろしい
ことだ。年をとり、さまざまな事情が重なり、仕事の能率が悪く
なってしまうのは避けられない。誰だってそういう状況になりうる
のに、そういう人たちをせせら笑って、仲間はずれにしていく若い
バリバリの男性たち。これではまるで職場のいじめになってしまう。
 そして、自分の選択に迷ってばかりいる若者。とにかく欲張りで
自分が損をしたり、傷つかない方法はないかと迷う。そんなものは
ないのだよ。決めるのは自分なのだよ。人に長時間相談ばかりして、
結論出したのかな~と思ったら、一週間経ったら別の人にまた相談
している。おいおい。あの時間は何だったんだ?
 それから、こちらの約束が先約だったはずなのに、「○○の方に
お世話になったから」と直前になってあっさりキャンセルするお客さま。
あなたのために、どれだけ準備を重ねてきたことか…とほほ。
 その他ここには書けないような理不尽な出来事の数々。
いちいち怒っていたのでは身がもたない。受け流すこと、気にしないこと
が必要だとわかっているのだが。
 
[PR]
by nokogirisou | 2008-03-16 23:46 | 日々のいろいろ
<< データか人か 映画「神童」を見る >>