上京 出張

 研修の出張で上京する。前日まで年度末作業に追われていて
すっかり出張のことを忘れていた。あわてて準備をして出かける。
春休みのためか、早朝の新幹線も混んでいる。車中ずっと資料
の予習に追われる。もっとゆとりを持って上京したかった。逢いた
い方もいたのだが、あまりに突然でとても都合はつかないだろう。
いつも、こっちの上京の都合に合わせてもらうのは申し訳ない気
がする。相手が私に会いたいかどうか、それも疑問だ。
 上野あたりで桜が満開なことに気付いた。もう桜の季節なのか。
研修会場付近は、大学や病院がたくさんあるところで、たくさんの
人が行き交っていた。春の雰囲気がただよい、私は自分が大学に
合格した当時にタイムスリップしていた。かなりの年数が経ってい
るはずなのに、あまりこの街は変化していない。昔とたたずまいが
変わらない気がする。あの新鮮なわくわくするような感じを身体が
覚えている。これから学生生活を送る人たちをうらやましく思う。
 研修会場はまじめな顔のたくさんの人たちが集まっていてちょっと
圧倒される。8時間みっちり研修。ひさしぶりの缶詰だった。
 お昼は、近くのイタリア料理を出す「下町食堂」へ。昔もここに似た
ようなレストランがあったが、名前が違ったはず。同じ研修を受け
ているらしい人が数人いて、声をかけようと思ったが、とてもそんな
雰囲気でなく、それぞれ個々のテーブルに座る。ランチの時間帯で
大変混み合っていた。下町定食のオムレツが美味だった。やわらかさ
中身の具合、上にかかったソース、すべてがよくマッチしていて大変
気に入る。ペンネのトマトソースとサラダもまあまあ。パンがちょっと
ぱさぱさだったのが残念。暖かい紅茶を飲んで午後の研修に備える。
 昼の睡魔にも勝って、午後は午前より時計が早く回る感じ。なんとか
研修が終わる。
 書店に寄って、文具店に寄って、懐かしい店に寄って…とあれこれ
考えていたのだが、なんだか急に孤独になってしまい、とにかく東京駅
に向かった。そうしたらちょうど新幹線があったので、そのまま飛び乗り
新潟に向かってしまった。どういう心境だったのだろうか。心は新潟に
向かっていた。
 今度上京するときは、仕事ではなく、ゆとりを持ってでかけよう。
[PR]
by nokogirisou | 2008-03-29 06:58 | 日々のいろいろ
<< 4月になって テニス振り替え >>