高齢者と暮らすということ

 介護中の同僚の話を聞くと、不安になってくる。
あまりそっけなく対応してはいけないのだと思う。
このごろうちの両親が、その日の計画をうるさく聞いて
くるのにも理由があるようだ。とにかく自分たちとコミュニ
ケーションをとってほしい。自分たちが取り残されたく
ないとい願望が強い。だからいちいち「今日はどこに行く
のか」「今日の夕食は何か」と尋ねくる。
 だから、管理されているのだと思わずに、丁寧に返して
やればいいのだ。そっけなく答えると
「老人をないがしのにして…」と嘆く。とにかくわかるように
話してやればそれで落ち着く。
 落合恵子の介護日誌を読むと本当に頭が下がる。
育児と同じである。いっしょにすごす時間をいとおしみ
大切にできたら、どれほどよいだろう。
[PR]
by nokogirisou | 2008-04-20 10:25 | 日々のいろいろ
<< テニスの目標 『「しあわせ脳」に育てよう!』... >>