魚沼に出張だったこと

 5月末から3泊4日で南魚沼市に出張していました。
魚沼っていいところだなと改めて思いました。緑の色が濃い。
空気がしっとりしています。
 それから何より、住んでいる人たちがあたたかい。
今回は石打インターから降りてすぐに舞子高原スキー場の旅館
が密集したところに宿泊したのですが、近所の旅館同士が仲よい
こともいい感じでした。互いに助け合って商売しているという感じ
が伝わってきました。近くにコンビニなどはなく、「○○がない!」
と初めは慌てましたが、たとえ歯磨き粉を忘れてきても、鏡を忘れて
も、コンタクトレンズの洗浄液がなくなってしまってもなんとかなる
ものでした。あるもので工夫して過ごせるものです。
ふだん、コンビニに依存しているのだなと実感。
 4日間、上げ膳据え膳だったのはなんともありがたかったです。
家庭的な手作り料理はおいしかっし、魚沼ならではの山菜もたっぷり
味わうことができました。
 宿のご主人が、夜に「いっぱいやりませんか?」と誘ってくださり、
おいしいお酒を飲んだのもよい思い出です。 ご主人はカウンター
のむこうから、秘蔵の焼酎のびんをあれこれ出してきて、飲ませて
くださいました。すっかり宿の方やほかのお客さんとも仲良くなり
昼間の仕事の疲れも癒されました。
[PR]
by nokogirisou | 2008-06-02 00:14 | 日々のいろいろ
<< 都屋酒店のこと ゆとりがない! >>