都屋酒店のこと

 ご近所のやきとり屋のおやじさんがめずらしい日本酒を出してくれる
ので、「どこで仕入れるんですか?」と尋ねてみたら
「都屋だよ」と教えてくれました。ご近所の寿司屋さんもたしかそこから
お酒を届けてもたっているらしい…。
 気になって探していたら、見つかりました。都屋酒店。
お店には日本酒と焼酎しかおいていません。ビールもワインもない。
お店はとても落ち着いていて、お酒の魅力にあふれています。店主さんは
別のお客の相手をしており、若旦那がこちらに話しかけてきてくれました。
焼き鳥屋さんの紹介だということ、さっそく千代の光の酒粕から作った
という「雪蛍」という焼酎を紹介してくれました。
 せっかくだから蔵もみていきませんかというので、覗いてみたら、
ひんやりとした蔵の中には、めずらしいお酒、こだわりのお酒がたくさん
ならんでしました。
 手のあいた店主のおじさんが入ってきて、ひとつひとつ語ってくれます。
店主さん、おいしいお酒を若い人に伝えていきたいという思いにあふれて
いました。あちこちの酒蔵のエピソードを語る語る。
 「夏子の酒」の話題もでました。
 酒は水と情熱がないとできないのだ…と思いました。
[PR]
by nokogirisou | 2008-06-07 00:25 | 日々のいろいろ
<< 気ままにクラシック 魚沼に出張だったこと >>