エキスになっていく その1

 書きたいことは山のようにあるのだが「今そんなことを書いている場合
でない」という声が聞こえてきて、ずっと更新できなかった。
本当にいったいどうなっているのだ?と思うくらいに締切のある仕事に
追われている。
 でも、仕事に追い回されているだけではだめだなと思う。だって周りの
仕事においまくられている人々がちっとも魅力ないから。なんだか「私に
よけなこと話しかけないで」オーラを発している人には近づきたくない。
ゆとりがあって、好きなことがあって、なぞのある人がおもしろい。 
 書きたいことをどんどん忘れて今にいたっているのだが、最近思うのは
年をとると、もともとの自分に戻っていくのだなということ。職場先輩の言葉
を借りれば「エキスになるのよ」ということか。
 いろいろ試して、いろいろ体験して、趣味や世界が広がるけれど、結局
忙しくなり、余裕がなくなってくると、自分の核になる世界に戻ってくる。
たとえば、音楽。あれこれ聴いてきたけれど、私が今一番聴きたくて、実際
に聴いていて、また本当に楽しめるのは結局クラシック音楽だった。それは
中学、高校時代に私が洋楽に出会うチャンスがなかった偶然によるのかも
しれない。たまたま自分が一番ラジオで聴いてきた音楽がだったからなの
だろう。お金がなくても時間がなくても、なんとかして聴きたいと思ってしまう。
 スポーツはどうか。今はテニスしかしない。これは、どちらかというと人生の
後半にであったスポーツなのだが、今、こうしてこんなに熱中しているのは、
私が中学時代に卓球部だったからだと思う。あの頃は卓球が命だった。テニス
をしながら、当時の感覚を思い出す。まったく違うスポーツなのだが、ボールを
追い、打つところは共通する。暇があれば、ボールを打ちたいという思いは共通
する。
 食べ物屋さんもいろいろためしてみたい思いもあけるけれど、やはりいきつけ
のお店が落ち着く。店主と話しのできるお店がいい。
 新しい世界を広げることも大切なのだろうが、だんだん時間もお金も限られて
くると、本当にやりたいこと、好きなことに時間とお金をかけようと思うようになる。
それがエキスになるということか。人生、すべてを味わいつくせるものでない。
あきらめも必要。でも好きなことだけは、大切にしたい。
[PR]
by nokogirisou | 2008-06-27 23:27 | 日々のいろいろ
<< エキスになっていく その2 気ままにクラシック >>