愛着珈琲夜会

 久しぶりに愛着珈琲夜会に行ってきた。新潟から水原
まで車を飛ばす。ちょうど夕暮れ時で、夕日が夏らしかった。FMを聴きな
がらの小ドライブが心地よい。
 いつもの、場所を曲がると、ぼんやり「愛着工房」のあかりが見える。
今日はどんなお客さんがいるのだろうか。
 階段をのぼっていくと、女性客がひとり。男性がひとり。そしてマスター。
一度として同じお客さんに会ったことがないのだが、みんななんだか共通
のにおいがする。みんな知り合いのような雰囲気がする。マスターだけが
みんなを知っている。
 初めてお会いしたのに、あれこれと先客の方たちとお話しをした。地震の
話題から、新潟市のゴミ有料化について、そして映画とお笑いと水槽について。
なんだか不思議な空間だった。
 コーヒーはいつものハウスブレンド。マスターがネルドリップでいれてくれる
コーヒーは本当においしいし、落ち着く。みなさんの持ってきたとっておきの
スウィーツといっしょにいただく。愛着珈琲夜会はくせになる。
 しかし…ふとマスターと海苔子さんがいて、チーズケーキのある「砂場」の
ことが無性になつかしくなる。
 マスターまた来ます。
 夜の国道49号線をひとり帰っていく。
[PR]
by nokogirisou | 2008-06-29 15:55 | 日々のいろいろ
<< 首がまわらない7月 エキスになっていく その2 >>