ドミトリ・キタエンコ

  先日のドミトリ・キタエンコのチャイコフスキーがすばらしくて、
しばらく耳から、交響曲5番とヴァイオリン協奏曲が離れなかった。
鍵冨くんの演奏に対しては、様々な評価があるだろうが、私はとて
もいい印象を持った。自分の持っていた、ギドン・グレーメルの演奏
や、同じキタエンコの指揮の諏訪内晶子の演奏とも違う繊細な澄
んだ音色とうねりが耳に残っている。
 キタエンコの指揮をもう一度見たい、聞きたいと思っていたら、3月
にまた新潟に来るという。今度は、ウィーン放送交響楽団とともに。
曲目がまたすごい。ベートーヴェンの5番とブラームスの1番だ。
こんなポピュラーなシンフォニーの組み合わせがキタエンコの指揮
で聞けるとは…。しかしS席は15000円。なんとしてもオルガン側の
P席のチケットがほしかった。あの場所はオーケストラがよく見えるし
指揮者の表情も見える。しかも4000円という安さ。
 1週間前、電話予約ができないと言われて、私は、会場のりゅーとぴあ
のチケットセンターに出向いたが、なんとP席はすべて売り切れ。他のプ
レイガイドを教えてもらって一つ一つあたっていった。デパートのプレイガ
イドにたった一枚だけ残っていることがわかった。私は閉店近いデパート
に思わず走って買うことができた。
 うれしかった。目当ての席のチケットが手に入ったときのうれしさといった
らない。これを楽しみに3月まですごせそうだ。
 さて、今日の新潟日報の音楽時評に今頃、先日のキタエンコ指揮の東響
定期公演のことがとりあげられていた。鍵冨くんに好意的な批評でほっとする。
キタエンコの5番が遅く始まったことを指摘して「静から動へ絶妙なタッチ」と
書いてあり、納得。私もあのゆっくりテンポの5番が4楽章で激しく展開したこと
が印象に残っていたからだ。
 3月までにいろいろなベートーヴェン5番、ブラームス1番を聞いてみたい
と思っている
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2008-10-30 23:48 | 音楽
<< 家族の巣箱 『冷静と情熱のあいだ』江國香織... >>