『夕暮れ』

 沢知恵のCDで知った歌で、歌詞が気になって調べたら、
ブルーハーツの甲本ヒロトの歌だった。カヴァーは新しい
発見を促す。ブルーハーツが歌っていたこの歌を知らない
私を、立ち止まらせる。それにしても歌が人の心をとらえる
力のすごさを思い知る。
 それは、山崎まさよしのカヴァーの中の「アンダルシアに
誘われて」の世界を知ったときも感じたものだ。かっこつけ
ているのだが、そこにリアルな愛を感じたりする。

『夕暮れ』 詞・曲:甲本ヒロト      

 はっきりさせなくてもいい あやふやなまんまでいい

 僕達はなんとなく幸せになるんだ     


 何年たってもいい 遠く離れてもいい       

 独りぼっちじゃないぜウインクするぜ       
                         

 夕暮れが僕のドアをノックする頃に        

 あなたを「ギュッ」と抱きたくなってる      
                         
 幻なんかじゃない 人生は夢じゃない       
 
僕達ははっきりと生きてるんだ          
                         
   
                         
 夕焼け空は赤い 炎のように赤い         
 この星の半分を真っ赤に染めた          
                         
 それよりももっと赤い血が            
 体中を流れてるんだぜ              
                         
 夕暮れが僕のドアをノックする頃に        
 あなたを「ギュッ」と抱きたくなってる      
                         
 幻なんかじゃない 人生は夢じゃない       
 僕達ははっきりと生きてるんだ          
                         
 夕焼け空は赤い 炎のように赤い         
 この星の半分を真っ赤に染めた          
                         
 それよりももっと赤い血が            
 体中を流れてるんだぜ              
 体中を流れてるんだぜ              
 体中を流れてるんだぜ                                    
                  
この星の半分を真っ赤に染めた          
                         
 
[PR]
by nokogirisou | 2008-11-16 21:42 | 音楽
<< 『優雅なハリネズミ』ミュリエル... 「音楽」を贈られること >>