年賀状書き開始

 年賀状を書かねばと思って、昔の絵の具を取りだしてみた。半分かたまった青い絵の具で牛を描いてみる。絵を描くなんて毎年このときくらいだろうか。ヘタクソだが筆を使って描く快感を味わう。もっと描きたい。
 そこでふと気付いた。年賀状の前に書かねばならない手紙の数々があったのだった。
12月はたくさんの封書や本やらお土産やら小包が届く。今年は土佐から鰹なんていう珍しい贈り物が届いた。それらのお礼の返信をしていなかったのだ。
 年賀状どころではない。まずはお手紙…ということで、一気にクリスマスカードと便せんに返信を書き始めた。気がつくと12時を過ぎていた。手紙を書いている間はそれぞれの相手のことを思い、対話をしているようで楽しいのだが、一通書くと、どっと疲れる。手紙の返事はためるものではない…。
 いつになったら年賀状を書き始められるのだろう。

 今年いただいた年賀状を見ると、なんと宛名までしっかりプリンター印刷のものが多いことか。
みなさんパソコンで住所管理をして、一気にプリントアウトしていらっしゃるのだな。
いただいておいてなんだが…同じ字体のパソコンの宛名というのは、やはり味気ないものだ。
どうでもいいことかもしれないが、私は、年に一度の年賀状は手書きにこだわりたい。 
[PR]
by nokogirisou | 2008-12-23 09:20 | 日々のいろいろ
<< 今年最後のレッスン ミュージカル「大いなる遺産」 >>