浜メグリに行ってきました!

「浜めぐり」(浜の春展2009)
にて元「砂場」のマスターが古民家でネルドリップ珈琲を出してくれるというので、
出かけてきた。浜メグリとは、越前浜・角田浜を活動拠点に創作、制作していている
人たちが、古民家などを展示場にして行っている自主イベントである。27の出し物
がある。そこにマスターがネルドリップ喫茶を出店!これは行かなくては…・。
 今日はとてもよい天気で、海はるり色で、越前浜・角田浜へのドライブに最適の日
であった。ところが、越前浜についたものの、浜メグリの会場がわからない。まずは
「カーブドッチ」のガラスのメルヘン博物館で「浜めぐり」マップを手に入れてから、民
家「イチロヘ」を探す。地図があるのに展示施設(民家)の位置がよくわからない。公
民館が「浜の駅」になっていたので助けを求めると、ボランティアの方が自ら道案内
をしてくれた。
 会場は本物の古民家で、そこに実際に生活されているSさん夫妻が自宅を公開し、
珈琲店の場を提供してくれているのだった。なかなかすてきなおうちで、玄関からわく
わくする。玄関から見える広い台所が魅力的だった。マスターの珈琲を入れる道具が
見えた。
 案内された座敷には囲炉裏があって、古いちゃぶ台があった。奥の部屋には兜だの
刀だの古いタンスだの見事な骨董品が飾られ、真ん中には、すばらいいグランドピアノ
が置いてあった!おお!
 ピアノの上にはまたレトロな地球儀が置いてある。縁側にはネコのエサと、ねこの爪
研ぎがあって、リアルな生活感を感じた。
 いつもの大倉陶園のコーヒーカップでハウスブレンドのネルドリップ珈琲が出てくる。
いい香り、深い味。なつかしい。口に広がる味わいがずっと続く。ショコラ亭の玉じゃり
チョコがついてくる。
 どんどんお客がやってくるが、みんな口々に「いや~ここはわかりにくいねえ。やっと
来たよ」と言っている。道に迷ったのは私だけではないのだ。みなさん夜会でお見かけ
した人ばかり。不思議なオーラを持っている。
 いろりのそばですっかりくつろいで、珈琲を楽しんだ。また来たいなと思う。もっとみな
さんとおしゃべりしてみたいなと思いながら、古民家を後にした。
[PR]
by nokogirisou | 2009-04-18 20:15 | 日々のいろいろ
<< テニスの大会 長い長い友人との電話 >>