書くことと読むこと

  blogをまったく書けない日々がある一方で無性に書きたくなる時期もある。
本が身近にあるのにまったく読めない、読むことをうけつけない日々がある
一方で、一気に読書が進む日もある。
 過剰が続くとその反動で何もしたくない日がある。
 仕事関係のことが続くと仕事と関係したくなくなることがある。どうなっている
のだろう。仕事の話しかしない人にうんざりくることもあるのに、遊びの話ばかり
ふってくる人に嫌悪を抱くこともある。
 なんと人間の感情は、むらが多く、勝手なのだろう?
[PR]
by nokogirisou | 2009-05-16 09:28 | 日々のいろいろ
<< 『尾道坂道書店事件簿』 児玉憲宗著 旅への思い >>