同僚倒れる

 連休後から調子を崩していた同僚の代行の仕事をしていたが
さすがに2週間続くと疲れ切った。やはり、職場には適性な人数
が必要である。また一人の欠員の分をカバーしあうのも、管理職
が考えるほど楽ではないのである。現場はとにかくギリギリ、余裕
のない状態で仕事をしているので、一人欠けるとぎすぎすしてくる。
 残された私たちも倒れそうになる。
 とうとう同僚が長期の病休をとることになり、代わりの方が来られる
ことにきまった。本当にほっとしている。
   
[PR]
by nokogirisou | 2009-06-01 05:45 | 日々のいろいろ
<< 3泊4日の出張 『尾道坂道書店事件簿』 児玉憲宗著 >>