PLAING THE PIANO /05 RYUICHI SAKAMOTO

ミーハーなのだが、坂本龍一のピアノにしびれている。

4月15日に新潟でツアー2009があったのだが、仕事の都合
でいきそびれてしまった。これは本当に残念だった。行った同僚
の話をきくと、後悔で倒れそうになる。
 しかたなく、2005年のツアーのライブDVDを聴いている。会場
はうすぐらくて最小の電力でまかなわれたコンサートだ。出来る限り
カーボンフリー。使っている電気は、自然エネルギー発電によるもの
だろいう。ピアノの上には蝋燭がおいてある。省エネルギー、エコツアー
の趣向は、好き嫌いがあるだろうが、まあ、彼のメッセージを素直に
うけとりたい。
 
 Energy Flow、Asience、Merry Christmas Mr. Lawrenceなど
コマーシャルや映画でおなじみな曲もなつかしい。どうしてこんな音の
うごきや流れを生み出せるのか。
私はAmore  Tibetan dance Happyend が好きだ。
 2台のピアノの演奏はすばらしい。自分であらかじめ演奏したピアノの
再生音と、共演する?ピアノ演奏。舞台の影像と演奏がふしぎな雰囲気
醸し出す。ピアノを弾く姿はいつもかっこいい。
 坂本龍一のおしゃべりは、はじめはぎこちないが、だんだんなめらかに
なっていく。
 自分の音楽の世界を作り出し、自分の音楽を愛している姿がほんとうに
かっこいい。
[PR]
by nokogirisou | 2009-09-29 23:14 | 音楽
<< 認知症とどうつきあっていくか 会津の旅 >>