平行線

  私はつい熱くなってしまう傾向があるのだが、どんなに言葉を
つくし、丁寧に、熱く語っても、相手に思いが伝われないと思うこと
が多い。熱くなりすぎるから、まずいのだろうと思うが、それにして
も、理解しあえない問題は、どんなに話し合っても理解できない。
  今日は職場で、年上の同僚と意見が対立してしまった。
  すでに会議も通り、同じ部署内で、すすめられていたプロジェクト
にクレームがつけられたのだ。「提案のタイミングが悪い」、「年度当初に
なぜ提案しなかったのか」「手続き上問題がある」「会議は通ったかもし
れないが、私はその会議にいなかった。これは問題のあるプロジェクトだ。
納得できない」と同僚に言われた。
 しかし、年度当初には予想できない事態が起きたし、状況が変化したの
で最善を尽くすために考えたことだ。確かに参加者の少ない会議であった
が、ちゃんと手続きをして通った提案であることには違いない。私はこの
プロジェクトの有効性と、手続きの正当性を訴えたが、ちっとも同僚を
納得させることができなかった。

  それぞれの言い分が平行に積み上げられていくばかりで混じり
合うことはなかった。最後は「どうかお願いします。これでやらせて
ください」と私が頭をさげて、やることに決まった。ちょっと強引だった
かもしれないが、そうでもしないとどうにもならなかった。
 いつもこういう言い合いの後、くちびるがさみしい。なんだか悪者
になった気分になる。
[PR]
by nokogirisou | 2009-10-08 22:32 | 日々のいろいろ
<< ときどきもどっている「正常」 認知症とどうつきあっていくか >>