「ジョゼと虎と魚たち」  

 不思議なタイトルだと思って選んで観た映画た。
妻夫木聡が主演の映画だ。田辺聖子の原作。
一緒に観た仲間には不評だった。妻夫木にはふさわしくない役だとか
最後がわからないという。が、私にはとても印象深い作品だった。
 原作とはだいぶちがう。原作よりもずっと哀しい、そして現実的な
お話しだ。
 まず、舞台が大阪、寝屋川であることが興味深かった。大阪は私に
とっては不思議な土地、ある意味異国だった。
 主人公の大学生、恒夫を妻夫木が演じる。アルバイト先の主人の犬の
散歩中に、恒夫は乳母車を押して散歩する老婆と出会う。乳母車には足
の不自由な孫のクミコが乗っていた。老婆は、障碍者の孫を人目に見せる
ことをはばかって、早朝に、クミコを乳母車に乗せて散歩しているのだった。
誘われるままに、恒夫は彼女たちの家に行き、朝ご飯をごちそうになる。
だし巻き卵に、ぬかみそ漬けに、ご飯とみそ汁という質素な朝ご飯だが、
恒夫は一口食べてその味に夢中になる。クミコが作る料理は、素朴なの
だが、うまいらしい。恒夫が実においしそうに食べるシーンが印象的だ。
恒夫は、その料理に惹かれてなのか、その家に通うようになる。
クミコは決しておとなしくかわいい女ではない。口の利き方はきついし、学
校にも行っていない。しかし老婆の拾ってきた本を読み、知性はある。
恒夫はクミコに惹かれていく。

 不可解なのは、クミコと親しくなる一方で、別の女たちと交渉があること
だった。上野樹里演じる美人で人気者の女子学生との恋愛も進行中である。
これは、恒夫を美化しないための作戦なのか。わざと多重恋愛を平気でする
若者にしたのかもしれない。
 恒夫は、老婆とクミコの家に通ってご飯を食べる一方で、クミコの探していた
本を探したり、彼女たちの世話をしたり、ぼろ家を住みやすくリフォームしたり
する。
 しかし、老婆はクミコが恒夫を愛し始めたコトに気づくと、急に恒夫に冷たくなり、
「もう来ないでほしい」という。他人のあんたには関係ない、クミコはこわれもの
だから…と。恒夫は彼女たちから遠ざかるしかなかった。4回生の恒夫は就職活
動に精を出す。もう彼女たちと関わることはないかと思われた。

 ところが偶然、就職活動中に老婆が急に泣くなり、クミコが一人きりになった
ことを知ると、いてもたってもいられずクミコのいるボロ屋へ走る。クミコは恒夫
にずっとそばにいてほしいという。恒夫もわかったといい、引っ越してくる。
 なぞなのは、恒夫は本当にクミコを愛していたのかということだ。
 憐れみからの愛なのか。興味本位の愛なのか。クミコに求められて逆らえ
なかったのか。とにかく恒夫は何もかも捨てて、クミコの家にやってきて、クミコ
と同棲を始めるのだ。 恒夫は優しい。クミコを支える。クミコのわがままにつきあう。
クミコがみたいという虎を見せに動物園につれていく。愛する男とともに虎を見るのが
クミコの夢だったという。
 破局はどこでおきたのかわからない。私は、恒夫の実家にクミコをつれていくはず
の旅でおきたと思う。恒夫は両親にクミコを合わせるつもりで旅にでたのだが、
とちゅうでひるんでしまうのだ。実はその前に恒夫のクミコへの愛はしぼんでいたの
かもしれない。クミコは自分は恒夫と結婚できないことは十分知っている。
 旅は、たのしいものであった。けれども2人の別れを十分予想させた。結局は、恒夫
はクミコとの生活から逃げ出す。耐えられなかったのだ。そして上野樹里演じる元彼女
とよりを戻して去っていく。
 けれども、あっさりとしたクミコとの別れの後で、恒夫は号泣するのである。

 なぜ恒夫はクミコに惹かれたのか。
 なぜ恒夫はクミコと別れたのか。
 
 疑問のままこの映画は終わった。つまらない男なのに、恒夫は魅力的だった。

 ところで、ジョゼというのはクミコの愛読するサガンの小説の中の主人公の名前
である。恒夫はクミコをジョゼと呼んでいた。

 永遠の愛などない。
[PR]
by nokogirisou | 2010-01-31 22:04 | 映画
<< 沖縄展でRYOEIに会う 北光社閉店の日 >>