インビクタスー負けざる者たちー

 大雪の中、何の知識もなく、見にいったイーストウッド監督の映画「インビクタス」。
思いがけなく、すばらしい映画で感動した。決して変わったことをしていない。
正当派の映画である。しかしとにかく台詞がよかった。変化していく人々、国の
ようすが、とてもリアルでよかった。
これは実話だという。南アフリカにラグビーをめぐり、こんなドラマがあったとは
知らなかった。
 ネルソン・マンデラの魅力がよく表現されていた。
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2010-02-07 20:32 | 映画
<< 『食堂かたつむり』小川糸著 沖縄展でRYOEIに会う >>