2004年 10月 16日 ( 1 )

一期一会

 
a0023152_2043797.jpg

 昨年いた場所に今自分はいない。昨年できたことが
今はできない。あのとき、その人やあの人と、いっしょに
仕事をしたこと、演奏したこと、テニスしたこと、スキーしたこと
卓球したこと、ご飯食べたこと、お酒を飲んだこと。どれもそれ
ぞれが一回限りのことだ。だからその一回一回を大事にして
きた。今もこの瞬間は、これっきり。

 どんなことも同じ状態は続かない。
私自身変化している。世の中も変わっている。
すべて、変化していくのだと思う。これは確かななこと。
 
 それをわかった上で、昔の職場に赴いた。
 そこでは恒例イベントの準備がなされていた。
 
 なんというか…当たり前のことなのだが、懐かしいけれど
自分の居場所ではない。
なつかしい人たちに逢えるのは本当にうれしいのだが
自分はお客なのである。
そして、自分が勤めていたときとは事情がいろいろ変わって
いるのだ。よくもさびしくも。
 みんな遠慮なくどうぞって言ってくださるのだが、なんだか
長居してはお邪魔のような気がする。
 そして私には私の別の居場所があるのだ。

 こそこそやってきて、こそこそ帰っていく。
 最近とても感じること。
 残されている時間は少ないということ。
 「今を生きる」」ということは、今さえよければいいということで
はない、とどこかの高校生が言っていた。
 同じ場面も同じ気持ちも、二度とない。
 今この瞬間を本当にいとおしく思う。 
 
[PR]
by nokogirisou | 2004-10-16 18:07 | 日々のいろいろ