2017年 09月 17日 ( 1 )

鍵盤のつばさ ゲスト三浦友里恵

 たまたま車を運転していたらNHKFM「鍵盤のつばさ」の時間になった。
 ピアニストの三浦友里枝さんがゲスト出演していた。クールな声で彼女だ
とわかった。この番組のホストの加藤昌則と彼女がピアノ談義をするのだ
が三浦のピアニスト評がとても興味深かった。
彼女が現在メロメロ夢中だというピエール・ロラン・エマールのピアノ
演奏は初めて聴いたが、リゲティの練習曲第9番「めまい」はおもしろ
かった。まさにめまいを催しそうな現代曲なのだが、ひきつけられた。
曲もなかなかなのだが、音色、響きが特徴的だった。
譜面もめまいをおこしそうなのだそうだが、エマールは初見でこういう
現代曲をさらさら弾いてしまうという。
 それから内田光子のモーツァルトのピアノソナタ21番の1楽章も
素敵だった。内田さんといえばモーツァルトと言われるわけがわかる
ような素敵な演奏だった。三浦さんは「集中力」という言葉をつかって
いたが、曲への入り込み方が内田ならではなのだろう。
 ピアノ曲を演奏を比較しながら聴くのは面白いと改めて思った。
なかなか現実にはじっくり聴き比べできていなかった
のだが、またやってみたくなった。


[PR]
by nokogirisou | 2017-09-17 06:09 | 音楽