2017年 11月 04日 ( 1 )

鍵冨弦太郎秋のアンサンブル

a0023152_21544923.jpeg
鍵冨弦太郎の演奏会に行った。今回はピアノに小澤佳永さん、オーボエに若山健太さんを迎える。
プログラムが素晴らしく、MCがわかりやすく、演奏が魅力的で、集中して聴くことができた。

第一部
グラナドス ヴァイオリンソナタ 未完
スヴェンセン ロマンス
メンデルスゾーン ソナタへ長調 1838

第2部
テレマン ふたつの楽器のための6つのカノンから
バッハ オーボエとヴァイオリンのための協奏曲
二短調BWV1060

グラナドスのソナタとスヴェンセンのロマンスは初めて聴いたが、メロディが美しく、素敵な今日だった。澄み渡るようなイメージと、鍵冨さんが言っていたが、聴いていて本当に心が晴れ渡る。
作曲家の人生の話や、曲についての説明が、ちょうどよく私たちを音楽の世界に誘ってくれた。新たな曲との出会いはうれしい。この曲を弾きたい、という演奏者の気持ちが伝わってくる、自信と愛に溢れる演奏であった。






[PR]
by nokogirisou | 2017-11-04 21:32 | 音楽