カテゴリ:星空( 13 )

流れ星

  13日未明と14日未明
2日にわたって3時に起き、家の近くの駐車場に寝転がって星空を見る。
ここでは北東は、海の上。
新月のために星はくっきり見える。カシオペア座の近くにペルセウス座
がある。最初は流れ星より昴など見て楽しむ。
そのうちに流れ星が見え始めた。
 30分の間に大きいものが3こ、小さい流れ星5こを確認。
なにしろ流れ星は一瞬が勝負。ちょっと目を離していると見逃してしまう。
すりる満点の星空ウォッチングであった。
[PR]
by nokogirisou | 2007-08-14 10:30 | 星空

ペルセウス座流星群

 国立天文台では「流れ星を数えようキャンペーン」をやっている。
  今年も8月12日13日がやってきた。毎年この時期の名物は
ペルセウス座の流星群である。今日の深夜から明日の未明にかけて、
北東のペルセウス座付近の放射点から、1時間に50個ほどの流星が
流れるという。毎年同じ日にたくさんの流星が見られるというのは不思議
な気がするが、その理由が国立天文台のサイトにちゃんと説明されていて
納得できた。さて、今年、ちゃんと流星群が見られるだろうか。
[PR]
by nokogirisou | 2007-08-12 23:55 | 星空

金星・土星

 写真をお見せできなくて、とても残念なのだが…昨日の夜空はとても
見事だった。大きく欠けてうすっぴらな月のおかげで星がよく見えた。。
 くっきりはっきり、春の星座が見えた上に、金星、土星が明るく輝いて
いた。ひさしぶりにビクセンの天体望遠鏡を外に持ち出してのぞいた。
 望遠鏡は見えるまでに合わせるのがとても面倒で苦手なのだが、レンズ
の中に星が入った瞬間の感動は大きい。
 土星の輪らしきものが見えたときは思わず声をあげてしまうほど。
 けれどもやはり、望遠鏡の中のたった一つの星よりも夜空の中の星を
見ていた方がおもしろいことに気づく。星空を見上げていると宇宙全体を
眺めているような不思議な気分になってくるのだ。
[PR]
by nokogirisou | 2007-04-19 05:50 | 星空

月光浴

 昨日が中秋の名月でした。出始めの月が、まるでぼんぼりのように
大きくて、思わずみとれていました。
 今日は胎内自然天文館の観望会。十六夜の月を見る回です。
一番月が地球に接近している日だそうです。
 胎内に向かっている道中に見えた月は十六夜ながらもとても大きく
桃色でした。しかし、到着した頃には上空にあがって、ちょっと小さめに。
また色もいつもの月の色。けれども光の明るさは強くなっていて、まぶしい
くらいでした。したがって、星はあまり見えません。
 月と地球は強い引力で引き合っているため、月は地球にいつも同じ面
しか見せません。私たちは地上で地球の裏側を見られないのです。
表面で見える、一番大きなクレーターがティコクレーターで、石英がたくさん
含まれているため、太陽の光をきらきらを反射させて、とても美しく見えました。
 クレーターは、望遠鏡で見るとなかなか美しく、見とれてしまいます。
 屋上テラスには天文マニアのボランディアの方が、大きな望遠鏡を持って
きてくれて、いろいろ見せてくれました。今見ている月の光は、1秒ちょっと前
の光なのだそうです。月はまんまるではなく、ちょっと蜜柑のような、楕円だと
聞き、びっくり。地球もたしか楕円だと聞いたことがあります。
 閉館時間まで、たっぷり月光をあびて帰ってきました。
  
[PR]
by nokogirisou | 2006-09-09 23:25 | 星空

胎内星まつり2006

  今年も胎内の星まつりに行ってきました。
自然天文館の周りには、所狭しとテントが貼ってあります。
駐車されている車は、日本各地のナンバーをつけています。
キャンプはとっても楽しそうに見えます。
 暗くなるまで、恒例の「星空オークション」や「大抽選会」を
冷やかし、温泉に入ったり、お蕎麦を食べたりして暗くなるの
を待ちました。檜の露天風呂から、木星の一番星が見えると
いてもたってもいられなくなって、温泉もそこそこにまた天文館
へと急ぎました。
 胎内自然天文館は長蛇の列です。しかし見上げると天の川。
目が慣れてくると、夏の星座の世界がくっきりと見えてきます。
ちょうど月が早くにしずんでくれたので、今日は星を眺めるには
絶好の日。
[PR]
by nokogirisou | 2006-08-26 00:04 | 星空

今年初の胎内自然天文館

 
a0023152_23465110.jpg

 なかなか土曜日に快晴になることがなくて、観測に行けません
でした。ところが、今日、柏崎から戻ってみると、珍しくいい天気。
これは、もう迷わず行くしかありません。
 胎内まで車を飛ばしました。
 胎内の空は、星がいっぱい。不思議なくらいです。
月の明かりで、見えにくいとは言うものの、惑星もベガもアンタレスも
見えます。
 天文館には、本当に親切で丁寧に教えてくれる職員のお兄さんが2
人いらっしゃいます。お二人の声が聞こえたとき、とても懐かしい気が
しました。昨年最後の観測に参加してから、もう数ヶ月たっています。
それから、自前の望遠鏡をもって来てくださり、いろいろ教えてくださる
ボランティアの方たち。星好きな方がどんどん集まって来ます。
 まず、月を見て、そして、木星。衛星がきれいに4つ並んで見えました。
それから、だいぶ小さくなった火星も望遠鏡ではしっかり見えました。
しかし、何と言っても今日感動したのは、土星の輪を見たこと。
 肉眼では大きめの星に見えるだけですが、望遠鏡で見ると土星はかなり
傾いていて、しっかり環がついていました。そして右下にタイタンまで見える
ではありませんか!これは感動しました。ずっとずっとみていたいくらいで
した。
 来週は「今年最大のチャンス、水星を見る」なのですが、心配なのはお天気
です。
[PR]
by nokogirisou | 2006-06-03 23:22 | 星空

今年最後の観測会

 今日は昼間とてもいい天気であった。胎内の自然天文館では
月の観測や、太陽の観測、そして昼に見える星の観測をしている
はずだった。
 夕方になってもまだ晴れているので、やはり胎内に行くことにする。
今日が今年最後の夜の観測会だからだ。天文館の営業は11月末
まで。冬はここは雪に閉ざされてしまう。今年も雪解けがおわったの
は4月の下旬だったそうだ。4月までしばらく来られないと思う多少雲
があっても行きたくなる。
 新潟市内は雲がかかって星がほとんど見えなかったのだが、胎内
に着くと東の空を中心に、かなりの星が見えた。
 まず、一番目立つのが赤くて大きい火星だ。大接近の時よりも小さく
なっているとはいっても、あの色と大きさはほかの恒星とはまるで違う。
 そして、おうし座の星々が見える。プレアデス星団とヒアデス星団。2つの
星団を持つ豪華な星座。アルデバランは赤くて美しい星だ。先回来たとき
にはちょうど牡牛座の流星群の時期だったが、もうすでに終わっていて
今日はひとつも流星を見ることができなかった。
 12月に入るとオリオン座流星群が見られるそうなので楽しみにしている。
 やがて東の空にはオリオン座が昇ってきたのだが、ちょうど雲がかかって
見えなくなる。
 しばらく待っていると、雲が晴れてくれた。西の空には、夏の星座が残って
いる。はくちょう座がはっきり見えたし、こと座のベガ、わし座のアルタイルも
弱い輝きだが確認することができた。
 真上にはアンドロメダ銀河が見えるはずだったのだが、残念ながら雲で
見えなかった。
 いつも丁寧に星のことを教えてくれる、生涯教育課の鈴木さん、そして
ボランティアで来てくださる、天文マニアの方々に本当に感謝している。
 しばらく胎内で星を見られないのは残念だが、また来年4月を楽しみに。
[PR]
by nokogirisou | 2005-11-26 23:30 | 星空

今年最後?の満天の星空

 このところ、ずっと週末になると天候が悪くて、胎内の自然天文館での
観測会はずっとお休みだった。今日はめずらしく夕方になっても雲がない
すばらしい空だったので、胎内に向かった。行く途中に見た薄っぺらな月
がとても紅くて、うすっぴらで、絵本に出てきそうな月だった。近くの金星も
明るく輝いていた。
 さて、胎内に到着。道中で野生のタヌキとウサギに出くわした。本当にどう
してここはこんなに星が多いのだろうかと思う。
まだ天の川が見える。夏の星座も残っている。ベガもアルタイルもが明るく
輝く。新潟のサッカーチームのアルビレックスの名前の由来となったアルビ
レオの2つの星も見える。
けれども、今日の主人公はやはり、火星だった。望遠鏡で見ると模様まで
見える。
 それから、アンドロメダ星雲、プレアデス星団、ペガスス座の球状星団など
を望遠鏡で見せてもらった。
 今日の収穫のもうひとつは…流星を3つも見たこと。ピカと光って尾をひく。
 一瞬のことなのだが、感動する。牡牛座流星群なのだそうだ。
「こんな風に星が見えるのは今年は今日で最後ですよ」
と天文館のお兄さんが言っていた。
 最後に冥王星を見せてもらった。まるで翡翠のような色の惑星だった。
[PR]
by nokogirisou | 2005-11-06 00:25 | 星空

火星の最接近

 今日10月30日は火星が一番地球に接近する日である。
2003年の超大接近に比べると遠いのだが、それでも紅く
大きく見える。次にこんなに接近するのは13年後だという。
このところ週末いつも悪天候で、星空ウォッチングができ
なかったが、幸い新潟市は今日、雲がすくなく、見事が夕日
をみることができた。金星もきれいに見えている。
 「「月刊星ナビ11月号」によると今回火星は「おひつじ座」に
いて、は夕方早い時間から昇ってくるので、観測時間が長い
という。
 火星のおもしろいのは、南極冠が見えるところだ。これは
二酸化炭素が凍り付いてものだそうだが、我が家の安い望
遠鏡でも観測できた。さすがに模様やダストストームまでは
無理であったが。
 「星ナビ」は私のような天文初心者にも大変親切でわかり
やすい雑誌である。写真も大変美しく、おすすめである。
[PR]
by nokogirisou | 2005-10-30 17:57 | 星空

台風一過の空

 すっかり朝晩はすずしい…ところか寒くなった。
昨日の夕方、帰宅途中、みごとな三日月のそばに金星輝いているのを見た。
まるで絵本の中にでてくるような
空がひろーく、月はとんがり、日没直後のグラデーションの空。

More
[PR]
by nokogirisou | 2005-09-09 04:59 | 星空