カテゴリ:音楽( 190 )

大植英次のチャイコフスキー交響曲第5番

 3月2日に東京交響楽団第82回新潟定期演奏会があった。
ちょっと仕事がたてこんでいて、演奏会に行く余裕はなかった
のだが大植英次指揮のチャイコフスキー5番が聞きたくて、思
い切って、りゅうーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサート
ホールに普段着ででかけてきた。
 大植さんはバーンスタインの弟子だそうだ。
 そうしたら、最初のキャンデード組曲から鳥肌ものだった。
指揮はリズミカルなダンスのようだった。指揮というよりも演じて
いるかのように見えた。
 この曲はバーンスタインのアシスタントや楽譜編集者を務めた
チャーリー・ハーモンがもともとオペレッタだったものを演奏会用
組曲に編曲したもので、1999年に大植英次がミネソタ管弦楽団
によって初演している。
 すっかり、全曲彼のハートの中に入っている曲なのだということが
わかった。大植にぴったりの、にぎやかで楽しい、全9曲が一気に
演奏されてすっかり魅了された。その後すかさず、大植はソリスト
たちをたたえ、拍手が鳴りやまない。
 
 次はチャイコフスキーの「ロミオをジュリエット」
モンタギュー家とキャピュレット家の対立の部分ととてももりあがる。
イングリッシュホルンとヴィオラで始まる愛のテーマを聞き逃さない
ようにしているうちに、また激しい戦い。
 物語の展開がきっちりとてもよく表現されていた。

 最後は、チャイコフスキーの交響曲5番。
 これまで聴いたチャイ5の演奏の中でもっとも印象に残る演奏だった。
私はとくに2楽章と4楽章のインパクトが強かった。
 とにかくメリハリの付け方、テンポの変化の付け方、リズムの刻み
方、個性的だった。オケを徹底的に鳴らす。金管楽器はもともと
よく鳴るオケなのだが、弦楽器にも負けるなとばかり、気合を入れ続ける。
とくにチェロにならせならせと合図していた。
 楽団のみなさんのすみずみに合図、目配せ、息遣いを送る。
 楽団のみなさんもそれにこたえようとしているのが伝わってくる。
チャイコフスキー独特の音のリレーがすばらしい。
 指揮棒は出てきたり、隠れたり。

 音はもちろんだが、視覚的にも存分に音楽を楽しめ、興奮した。
オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンのソロが本当にいい音色だった。

 終わってしばらく、ブラボーと拍手が鳴りやまなかった。私も手が痛く
なるまで叩いていた。オーケストラってやっぱりおもしろい。楽しい。
[PR]
by nokogirisou | 2014-03-02 21:02 | 音楽

ミュージアムコンサート 横坂源

 
a0023152_152332.jpg

 新潟市美術館は今「ニイガタクリエーション」をやっている。
新潟出身のアーティストを紹介する企画だ。アートだけでなく
音楽でも活躍する新潟出身の若手を紹介するというコンセプト
で今回のコンサートは企画されたらしい。
 新潟市西区出身の横坂源さんのチェロコンサートだから
聞き逃せない。今日は、開演の一時間前から美術館につめた。

 美術館の2階の講堂が会場のため、入場できるのは80人。
今回は無伴奏のチェロ曲ばかりを集めた興味深いプログラムだ。

 ヨハン・セバスチャン・バッハ 無伴奏チェロ組曲第4番プレリュード
 ウジューヌ・イザイ       無伴奏チェロソナタ
 黛敏郎              BUNRAKU
 ヴィルト・ルトスワフスキー  ザッヒャー変奏曲
 ヨハン・セバスチャン・バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番
 パブロ・カザルス        鳥の歌

 演奏者と客席が近いので、チェロの響きが脚の裏からも
空気からも伝わってくる。また、今日は横坂さんが肉声で
チェロのこと音楽家の仕事のこと、曲のことをたくさん語っ
てくれた。

 音色という言葉があるが、今日は横坂さんが「色を変える」
とはどういうことかをフォーレの「夢のあとに」で実演してくれた。
弦のすべりぐあい、こすりぐあいで、音色が変わるのがよく
わかった。
 
 チェロ弾きの仕事を、三つの別の仕事にたとえながら紹介
してくれたのがおもしろかった。
 まずは職人のように練習する。正確な音を出すために毎日
職人のようにひたすら音を出す。
 次に、コンサートの日程が決まると、その日に向けて締め切り
に向かう漫画家のように、ひたすら調整する。
 そして、作曲家が曲にこめたメッセージを探偵のように探ると
いう。職人、漫画家、探偵…。
 
 バッハは、すでに横坂さんの血肉になっている曲のようだった。
自分の中にある音を力いっぱい紡いでいた。
 イザイのソナタは、3楽章とも魅力あふれる曲で好印象を
持った。
 
 おどろいたのは黛敏郎のBUNRAKUである。三味線や囃子や
義太夫が聞こえてくるかのようなおもしろい響き。
 木の部分をたたいたり、弦をはじいたり、こすったり忙しい。
しかしとにかくかっこいい曲だった。
  
  ルトスワフスキーのザッヒャー変奏曲はユーモアにあふれて
いた。ザッヒャーとは当時のパトロンだそうだ。

 カザルスの鳥の歌はむせび泣くような、悲しい音色だった。
 カザルスがいつも最後に弾いたという曲。
 昔FMでカザルスの弾く鳥の歌を聴いたことを鮮やかに思い出す。
 
 チェロという楽器はとても単純なつくりだと言っていたが、出す
音はとてもデリケートである意味微妙で、おなかに響いて記憶
する。もっとチェロの曲を知りたいと思った。
 また横坂さんが好きだというシューマンのチェロの曲を聴いて
みたいと思った。
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2014-02-23 01:52 | 音楽

チェリスト横坂源 リサイタル

 新潟市の西区役所新庁舎オープン記念事業で新潟市
出身のチェリスト横坂源のリサイタルが行われると知り、
さっそく申し込んだ。そしてあっという間に当日がきた。

 曲目は、バラエティに富む。初めて聴く曲もあった。
さまざまな国の作曲家の作品を集めたそうだ。

 1 ショパン 序奏と華麗なるポロネーズ
 2 サン=サーンス 白鳥
   
  トーク

 3 カサド 親愛なる言葉
 4 フォーレ 夢のあとに
 5 ヤナーチェク おとぎ話
 6 リムスキー=コルサコフ くまん蜂の飛行
 7 ブラームス チェロソナタ第一番 ホ短調
 8 シュトラウス モルゲン!

 生き生きかつ、たっぷりと歌ってくれた。
 チェロを弾いているよいうより、歌っているという印象だ。
特にヤナーチェクの「おとぎ話」とブラームスのチェロソナタ
1番は聴きごたえがあった。カサドの「親愛なる言葉」は
魅力的なチェロ曲だった。

 横坂源は、折にふれて新潟のコンサートに参加してくれ
るので、私は可能な限り聴いてきた。
 彼はチェロを鷲尾勝郎氏、毛利伯郎氏、ジャン・ギアン・
ケラス氏に師事したという。私がこれまで聴いてきた海外
の、どのチェリストの演奏とも似ていない気がする。
以前聴いたときは、特に力強さを感じたが、今回はしなやかさ
と繊細な音色に特徴を感じた。そして彼のチェロの扱い方に
に注目した。今使っている楽器は1760年Pietoro Giacomo
Rogeri制作のものでサントリーホールディングス株式会社から
貸与しているそうだ。体の一部のように、そして子どものように
チェロを大切に持ち歩き、抱えて弾く。
 ソロのときと室内楽演奏のときで微妙に違う表情も興味深く眺
めてきた。今回は、ややリラックスし、曲によりさまざまな表情を
見せてくれた。

 私は、今回ほど、近くで演奏を聴いたのは初めてだったし
彼のトークを聴いたのも、直接言葉を交わすことができたの
も初めてだったので、とても楽しいリサイタルになった。横坂さん
の声は楽器の音色のように落ち着いてすてきな響きだった。
自分のことを「チェロ弾き」と呼んでいるところにも好感を抱いた。
なんとサインの時間もあったのだが、ひとりひとりの話に耳を傾け
受け答えしてくれる姿には感動した。
 ドイツの留学から帰って、とても落ち着き、大人っぽくなった
印象を受ける。これからも聞き続けていきたいと思った。
 
[PR]
by nokogirisou | 2014-02-01 01:09 | 音楽

きらくにクラシック

  毎週日曜日の午後は、2時からの「きらくにクラシック」を
楽しみに聴いている。いまはMCのひとりのふかわりょうさんが
夏休み中で、チェリストの遠藤真理が、ゲストを迎えてトーク
しながら番組を進めている。
 今日のゲストはギタリストの鈴木大介で、二人のトークは本当
に軽妙で楽しく、ところどころ思わず私は噴き出してしまった。
 途中で二人の生共演があったが、すばらしくて鳥肌がたった。
リハーサルで一度合わせただけだとは信じられない。
生だからこそ、何かがうまれた感じだ。それぞれが、プロの仕事
をして、それが相乗効果を生み出した。

 今日のテーマは「元気のでる音楽」だった。リスナーが紹介する
音楽は実にさまざまで、元気が出るという感じ方はひとそれぞれ
なのだなと改めて思う。
 リスナーの一人が「カルミナ・ブラーナ」を挙げていたが、鈴木
さんは、叱られているときに頭に中に流れる曲が、これだという。
実は私もそうだ。まずいなあ…と思っているときに頭の中に「カル
ミナ・ブラーナ」が流れる。なぜだかはわからない。 
 ちなみにリスナーが「元気が出る曲」として一番多く挙げたのは
エルガーの「威風堂々」だったそうだ。なるほど。
 さて私にとって「元気の出る曲」は何だろう。最近はバッハの無伴
奏ヴァイオリンソナタだ。ミルステインのヴァイオリンで元気のない
ときに聴いている。
もうひとつ。元気が出ないときに勝手に頭の中に流れているのは
フォーレの管弦楽曲「パヴァーヌ」だろうか。こちらは鼓舞するという
より、癒されているというのだろうか。
オーケストラの曲だったら、チャイコフスキーの5番だろうか。
 元気の出る曲というのは、時代により、年齢により変わっていくよう
な気がする。
  
[PR]
by nokogirisou | 2013-09-22 23:18 | 音楽

新潟ドルチェ・マンドリン・アンサンブル第39回定期演奏会

 この連休は仕事におわれてひきこもり気味だったが、今日は思い
きって音楽文化会館へ。
 今回、聴きに行って思ったのは、マンドリンの響きに違和感がなく
マンドリン用に編曲されたクラッシック音楽がとてもなめらかに、
素敵に演奏されていたということだ。
 そして、アンサンブルならではの音の深みや、音楽としての楽しみ
を体感できた。

 私が興味深かったのは第一部のシンフォニア・パルナソスだった。
これは藤掛廣幸が姫路パルソナス・アンサンブル・オーケストラの
ために書いた曲で、第一マンドリン、第2マンドリンがよく鳴り響いて
いた。曲全体の構成も魅力的で聴きごたえがあった。

 第2部はディズニー映画音楽特集(アラン・メンケンの世界)だった。
ディズニー映画の音楽は、ばかにできないと思った。
私は、まったくディズニー映画を観たことはないのだが、音楽から
イメージできる世界はとても豊かでいろどりがあった。

 第3部はベルディ生誕200年に寄せて、オペラ「椿姫」「アイーダ」から
の曲が演奏されたが、これがなかなか、マンドリンにマッチしていて
とてもよかった。これは、マンドリンだけでなく、賛助会員のフルートや
オーボエ、クラリネット、パーカッションが要所要所を上手に支えて演奏
していたからこそ作りえた世界だと思う。
 
  アンコールの最後は「あまちゃん」の主題曲。ことしはやはりこれ
でしょう。みなさん楽しそうだった。

 これだけのステージを作り上げるために1年間大変な練習を重ねて
こられたこととだろうと思う。楽団員であることをみなさん誇りに思って
いることがよく伝わってきた。
[PR]
by nokogirisou | 2013-09-22 22:48 | 音楽

ラ・フォル・ジュルネ新潟2013

 今年もラ・フォル・ジュルネ新潟に行ってきた。
正直にいうと今年は、新潟ゆかりの出演者が少なか
ったことが寂しく、残念だった。また私の興味関心
をいただいている演奏者や演奏団体が少なく、例年
より食指が動かなかった。けれども、今日聴いた
演奏は予想以上にすばらしく、先入観なくいろいろ
聴いてみるべきだと思った。
 テーマはモーツァルト。
 私が今回聴きに行ったのは公演番号241。
レジス・パスキエのヴァイオリン、リディア・
ビジャークのピアノによる、ヴァイオリンソナタ
第28番。これは、私の大好きな曲である。
クララ・ハスキルのピアノとグリューミオーの
ヴァイオリンのCDを何度も聞いてきた。シンプルな
構成なのだが、1楽章も2楽章も哀愁ただよう美しい
旋律。ピアノもヴァイオリンもよく歌っていた。
 そして、その二人に新潟市出身のチェロの横坂源
が加わり、ピアノ三重奏曲第5番の演奏。
 昨年の力強いソロの演奏もすばらしかったが、室
内楽の横坂は大変繊細で、調和を大事にしていた。
プロとしての品格を感じる演奏で聴きほれた。もっと
聴いていたい、と切に思った演奏だった。横坂のチェロ
の音色に心惹かれるひとときだった。
[PR]
by nokogirisou | 2013-04-28 02:23 | 音楽

イリーナ・メジューエワのピアノ

 NHKFMの「きらくにクラッシック」を楽しみにして
聴いている。今はパーソナリティの一人、遠藤真理さんが
産休中で、毎回、さまざまな演奏家を迎えての放送で新鮮
である。前回のチェリストの宮田大を迎えての回もとても
楽しかった。
 
 今日は京都在住、ロシアのピアニスト、イリーナ・
メジューエワがゲスト。初めて彼女のピアノの演奏を聴い
た。とても古風なしっかりした日本語を話す。演奏の前に
は「緊張する」と言っていた。

http://www.waka-kb.com/cd/profile/irina-mejoueva

 澄んだ、落ち着いた音色にとても惹かれた。
 CDからロシアのメトネルの「忘れられた調べ」、
生演奏でショパンのノクターン作品9-2と
ドビュッシーの前奏曲集第一巻から「亜麻色の髪の乙女」
迷いのない音だ。不安に溢れている今の私の迷いをすい
とってくれるような、音だ。

 ほかのことをしないで,純粋に放送を聴くのはとても
贅沢なことかもしれない。音楽を聴くことと、演奏家のお話
を聞くことはどちらも楽しい。
 音楽家は、ふつうに生きている以上に自分のアイデン
ティティに敏感にならざるをえないのだろう。そして
さまざまな音や文化を吸収しようという姿勢がある。だから
お話が興味深い。
 
[PR]
by nokogirisou | 2013-02-24 15:05 | 音楽

新潟大学教育学部音楽科卒業演奏会

 新潟市音楽文化会館大ホールで行われた卒演の第2部を
聴きに行った。会場は独特の雰囲気。華やかな衣装をまとった
4年生が頬を赤くしながら、写真を撮りあってお祭りのようだ。
 しかし演奏会が始まると空気が変わる。すべて学生たちの
演出、準備によって本格的な演奏会になる。

 2台ピアノの演奏から始まった。ラフマニノフの組曲第2番
からロマンスとタランチュラ。
2台ピアノというのは難しいことがよくわかる。二人とも上手
だし、息も合っているのだが、それぞれの音がぶつかって濁っ
てしまうのだ。互いの音が否定しあってせっかくのメロディが
聞こえなくなってしまうことがある。これは最後の演奏の
ラヴェルのラ・ヴァルスの演奏のときも思った。これはピアノ
という楽器の性質のせいもあるのだろう。それでも生で2台
ピアノの演奏を聴けたことは楽しく、よかった。

 作曲作品、弦楽四重奏曲「aquarium」は大変おもしろい曲
だった。水や魚ががはねたり、泳いだりする様子がイメージ
できる曲なのだ。チェロとヴィオラの音の刻みが印象的だ。
 
 私が今日の収穫だと思ったのはシューマンのノヴェレッテン
op21の第8番を聴けたこと。シューマンのピアノ曲は
やはり、よくできているし、密度が濃い。ノヴェレッテンとは
「短編小説」という意味で、まるで物語りのように驚きにあふ
れる展開だ。また演奏者もとてもよく曲の構造を理解して、
魅力的に表現していた。
 
 もう一曲。プーランクの「主題と変奏」。この演奏もすばら
しかった。テーマがとても古典的でわかりやすくて懐かしい曲
だ。それがさまざまな色や輝きや、躍動や流れを持った変奏曲
へと変身していく。聴き応えがあった。

 音楽科の学生たちの進路は様々のようだが、まじめにクラシ
ック音楽に向き合い、本気でお客に聴かせるというプロ的な
視点で音楽会を企画するという試みはすばらしい。予想以上に
レベルの高いもので、楽しめた。
 
[PR]
by nokogirisou | 2013-02-10 06:50 | 音楽

牛田智大ピアノリサイタルin新潟

 会場のりゅーとぴあが人であふれている。座席という座席は
3階まで満席。子どもも多い。牛田くんの人気を見せつけられる。
13才の少年だが、ピアノの前でお辞儀している姿は、とても
ちいさく、かわいらしい。ところが、ピアノに向かうと豹変する。
 まずは、お辞儀、そしてピアノに向かう。それから1分ほど
何もしない。大丈夫だろうかと不安になる。会場の人々は、
じっと演奏が始まるのを待つ。
 今日のプログラムは、多彩で、とても中学一年生の演奏会と
は思えない。
 
 リスト:コンソレーション(慰め)3番
 シューベルト:即興曲op.142-3
 ワン・リーサン組曲「東山魁夷画意」第4曲「濤声」
 ショパン:夜想曲op.9
 サン=サーンス:リスト:死の舞踏
 プーランク:愛の小径
 プーランク:即興曲第15番「エディット・ピアフ」を讃えて
 ヒナステラ:アルゼンチン舞曲州op.2
 ショパン:3つのマズルカop.59
 ショパン:バラード第3番変イ長調op.47
 リスト:ハンガリー狂詩曲第12番
 ショパン:ワルツop.64-1「子犬」

 アンコール「まるまるもりもり」

 ミスタッチはもちろんなく、音が澄んでいる。
曲によっては、この小さい身体から出しているとは
思えないほどの力強い音が出る。すごいピアノだ。
 また、ただうまいだけでなく、自分の世界を持って
弾いていることを感じる。そこがすごいのだ。表情に
も表れている。ただピアノの鍵盤を弾いているのでは
なく、自分は表現しているという自負を感じる。
 さすがにすべて終わったときは、疲れ切っているよ
うに思われたが、ホールの外に出ると、牛田くんの
サインをもらおうと、CDを買った客が長蛇の列に並ん
でいた。このお客たちすべてにサインを書いていたら、
外は真っ暗になってしまうだろうな。しかも疲れた腕が
さらに疲れてしまうだろうなと同情する。
商売根性まるだしの大人を恨んでしまう。

彼が、プロの本物のピアニストとして成長していくこと
を心から願う。
[PR]
by nokogirisou | 2013-02-03 20:27 | 音楽

H ZETT M『魔法使いのおんがく』

a0023152_2094643.jpg
H ZETT Mとは何者なのか?
彼の正体はちっともわからない。
たまたまNHK・FMでそのピアニズムを知って魅せられた。
道化のようなかっこうで、グランドピアノを魔法使いのよう
にあやつる。
一部坂本龍一を思い起こすメロディもあるが、全体のコンセプト
は異なるように思う。
 いまのところは、ディスク2の
「BRICK & GLORY BRICK & GLORY」
「大西洋レストラン」を気に入っている。
二つの音楽が絡み合って近づいて、離れる感じ。
ピアノという楽器の可能性を感じるアルバムだ。
ディスク:1
1. うっひょー
2. いらっしゃいませ
3. 物語がやってきた
4. その瞬間
5. 執事うさぎは叫んだ
6. 群衆のクロスポイント!
7. カメレオン魔法!
8. 思考JAZZ!
9. 気づくと季節は巡っていた
10. 感情の湖のほとりで
11. 思い出す
12. 星は教えてくれる
13. ファンタジーは廻る
ディスク:2
1. OK OK
2. みなぎってきた
3. ミラクルは雨粒のように
4. それはまるでタンゴ
5. 流麗なる時が重なって
6. 魔法使いは話し始めた
7. みるみるうちに光に包まれて
8. 泳ぎだした強い意思達
9. お元気で
10. ARIGATO ARIGATO
11. BRICK & GLORY BRICK & GLORY
12. AKATSUKI AKATSUKI
13. 大西洋レストラン
[PR]
by nokogirisou | 2013-02-02 23:28 | 音楽