<   2004年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ホットチョコレート

あなたは、どこでカウントダウン?
 気が付いたら、今年もあとわずか。カウントダウンは、ようやく掃除の
終わった部屋の中。
 思ったほど雪は積もらなかった。一面白い世界を見たかった。
いつもは、フォーレのレクイエムのCDをおごそかに聴いてすごす
のだが、今回はミニコンポが修理中。ヘッドフォンMDで今年であった曲を
聴いてすごす。
 私の恩師は毎年大晦日に『罪と罰』を読むと言っていた。私はこれから
村上春樹を読もう。
 ……その後……
 そしてあっという間に2005年。12時半過ぎ家を出て、いつも行く喫茶店
に出かける。オールナイト営業だと連絡があった。車が雪だるまだった。
お店の中は2年参り帰りのお客さんでごったがえしていた。
 寒くてホットチョコレートを注文する。ココアでなく、ほんとに物語に出て
くるようなほっとチョコレートだった。濃厚であったまる。
 ここで「アフターダーク」を読んだ。
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-31 23:53 | 日々のいろいろ

ことし最後にであった詩は

 29日30日31日と大掃除が続いている。その間におせちもどきを
用意。田舎から大量にぜんまい、もち、蕗、こんにゃくがとどく。
小千谷の親戚からは復興「へぎそば」が届く。じんとくる。私の好物。
魚とカニは寺泊で調達。氷づけのまつぼっくりがあった。
今日は新潟はぼたん雪。もくもく降って一面しろくなっている。風なく
しんしんとつもっている。
 
a0023152_17275418.jpg



 今日は書類や机上の整理をしている。ふと一枚の紙に「風」という
詩を見つけた。そうそう、ある時けっこうこれ気に入っていたのだ。
 今年は「風の街」という歌に出会ってけっこう盛り上がっていたな。
風のように生きる人にずっとあこがれている。
私自身は、風のように飛べない。吹かれてゆれているけれど。

 
 風      高橋新吉

 君のようにあまり生きる事に熱くなるな
 風がふいているように生きられないか
 
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-31 14:10 | 日々のいろいろ

ムシの世話2004

 
a0023152_15182233.jpg

 昨晩こつこつクワガタの世話をした。
オオクワ成虫
 ほとんどがマットの中にもぐっているか、エサ入れの木
 にへばりついていた。その中で、グランディスの♂はとて
 も元気!エサを食べていたのである。
 そしてもう一匹、逃げ出して段ボールの中に滞在してい
 る個体がいた。一番スタイルのいいでかい入広瀬産。
 あわててケースヘ移動。さむがっているようにあわてて
 マットにもぐっていった。
オオクワ幼虫
 今年の夏にとれた幼虫10匹を菌糸瓶からとりだし新しい
 菌糸瓶に移す。なかなかみんな元気である。♀♂5匹ずつ。
 一匹とてつもなく太い♂がいて、驚いた。秤にのせると32グラム?
 すごい!これまでにない記録である。しかし直後に大量の糞をし、
 その後計り直したら30グラムになっていた。これもまた信じられない。
 2グラムも糞をするとは!
オーベルチュールの檸檬色
 最近、まゆ玉から出てきた。まったくチョコエッグの中身のよう。
 エサを熱心に食べている。
まだ幼虫がたくさん残っている。マットの交換。

 こうしてムシ部屋の大掃除をした。けっこう大仕事だった。
a0023152_15184680.jpg


  
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-31 14:00 | クワガタたち

また地震

 28日は仕事おさめだった。
 ミーティングが終わって、解散というときに、Y子が「揺れてる!」
と言った。目眩がした。また余震だ。
 ニュースを見ると、魚沼は震度5弱だという。
 28日は、やっと上越新幹線が66日ぶりに全線開通した日だと
いうのに、また大幅にダイヤが乱れたらしい。
 
 スマトラの地震と 津波は地球規模の大災害だった。
 災害の多い年であった。
地球が悲鳴をあげているのだろうか。
 
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-29 20:12 | 日々のいろいろ

ほぼ日手帳2005

ほぼ日イトイ新聞
に紹介さている「ほぼ日手帳2005」をとうとう手にいれることができた。
インターネット上である一時期しか買えなかった幻の手帳である。今年は
「LoFt」でも販売されているようだ。
2005年の分はわが師匠より譲っていただく。師匠は苦労して何冊か手に入れた
らしい。
私のはうすい水色というかグレーというか、微妙なカバーがかかっている。
何が魅力か?
とにかく一日分書くところがたくさんあるところ。しかも方眼。
その下にいろいろな引用の言葉が書いてあるところ。
カバーに ONLY IS NOT LONELY と書いてあるところ。(ほぼロゴです)
カバーに ポケットがたくさんついているところ。
文庫サイズのところ。
ペンさしがついているところ。
書いていて、ぱたっと180度広がるところ。
マイガイド欄があるところ。
地下鉄路線図がないのにカロリー表がついているところ。

これまでいろいろ手帳をためしてきたが、共通するのは文庫本サイズだという
ところである。このサイズがとにかく好きだ。
今年の手帳を読み返すと、くだらないことがたくさん書いてある。
最初は丁寧な字なのにだんだん雑になっている。書き込みの多い月
と少ない月がある。

とにかく「ほぼ日手帳2005」うれしいな。師匠ありがとございます!
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-28 22:55 | 本と図書館

年末の不具合

 突然愛用のプリンタが壊れてしまった。年賀状の印刷の途中に。
あわててソフマップの修理カウンターへ急ぐ。大きな箱を抱えて。
なんとハードやソフトを売る人と修理をする人の行列。
40分ほど待って、順番がまわってくる。しかし年末業者がお休み
のため、一ヶ月半かかるとのこと!
 とほほで家に戻る。古いプリンタ復活させようと思うがプリンタドラ
イバのダウンロードに手間取る。
今度は洗面台の蛍光灯が切れかかってチカチカ
することに気が付く。
 さらには、CD・MDコンポが動かない。ずっと不調であったのだが
とうとうMDをまったく再生をできなくなった。
 こんどはそれを購入した近くの電気屋にいく。
「保証期間をすぎておりますので15000円ほどかかります。また現在
メーカーが年末のお休みをいただいていて一ヶ月半ほど修理にかかる
のですが、よろしいですか?」
 ええ?そんなに長い間、CDやMD聴けないのか…。部屋でポータブル
MDプレイヤーで聴くしかない。とほほ。
 さて、ビデオの録画をしようと思うと、これまたうまくいかない。これは
もう修理は諦める。DVD再生録画できるものに買い換えることにした。
 どうして、一度に壊れるのか…。年末の散財。とほほの一日だった。
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-27 05:36 | 日々のいろいろ

咳にテニスは効くか?!

 
a0023152_2128304.jpg
 
 ここ数日咳に悩まされている。会議の席では特につらい。
そして声はガラガラ。別人のようだと言われる。のど飴が手放
せない。
 しかし今日は先週の分もテニスをしなくては…。貧乏性なのだ。
 ちょっと暖かめの格好でコートに出る。
 不思議なことにレッスン中は一度も咳が出なかった!
 咳にはテニスが効くのか?

 今日の午前のレッスンはクリスマスのせいかお休みされる方
多数で、中学生の男の子と私の2人だけ。実にハードだった。

ショートラリー→ボレーボレー→ストロークとアプローチショットとファーストボレー
の練習→ロングラリー→ロングラリーからアプローチショット・ボレーの練習
→サーブ練習→コーチを交えてダブルス

まったく休む間がなかった。ボールのアップも大変。
サーブが不調。コーチにラケットの先端で打つように
そして、トスを高く、振り上げる前にラケットを一度かつぐようにせよと注意された。

そのまま午後のレッスンに突入。午後は人数が多くて、メニューが午前と違って変化
があって面白かった。顔ぶれが変わると、雰囲気も変わるものである。
 ところが、だんだん疲れてきて集中力がそんなに続かなくなる…。やはり2レッスン
連続は無理か…。
 葛藤の末、試合の頃には復活。2度目の試合ではストローク・ボレーともに打ち合い
があり、スリル満点だった。サーブもなんとか入ってほっとしている。
 そのまま今に至るまで咳が出ない。いったいどうしたのだろう。

 家に帰ると友人からクリスマスオーナメントとなにやら箱が届いていた。
a0023152_2128631.jpg

[PR]
by nokogirisou | 2004-12-25 21:27 | テニス

『4日間の奇蹟』浅倉卓弥著

 
a0023152_23331356.jpg

 音楽の登場する小説として紹介していただいた本。
 ようやく手にいれたが、読み始めたらあっという間だった。
 そして読み終わって、今日一日ずっと作品の部隊である「国立
脳化学研究所病院付属医療法人長期加療者療養センター」の
病室と裏側にある、「すてきな場所」が見えるようだった。
 如月敬輔と千織、岩村真理子と倉野医師。私にはこの4人が
実在するかのように生き生きとした人間として見えてくる。
 伏線のはり方が実に巧み。そしてやはり、ピアノを弾くのシーン
がとてもリアルで印象に残った。筆者のベートーベン観に興味を
持った。私は実はベートーベンが苦手だった。でももう一度先入観
なしに「月光」を聞いてみたいと思った。
 
 読みおわって私は北村薫の「スキップ」にどこか似ていること
に気づいた。「今会いにゆきます」にも通じるものがるかもしれない。
ここで種あかしはできないが、この再生の物語の読後感はとても
心地よいものである。

   キリエ・エレイツィン     ー主よ、導きたまえ
 
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-24 23:32 | 本と図書館

クリスマスツリー


a0023152_21173299.jpg
 ヨーロッパでは、クリスマスは12日間お祝いをするという。
クリスマスツリーも12日間飾っておくそうだ。ドイツもお正月まで
クリスマスムードらしい。面倒くさがらずツリーを飾ってみた。
 今日は、翻訳家・児童文学研究者の猪熊葉子さんのおはなし
をたっぷり3時間半聴いた。まったく眠くならない。
 今日の収穫はまず『脳と仮想』という本を知ったこと。
「クオリア」について知りたいと思った。ところが、紀伊国屋書店
に行っても在庫なし。アマゾンにもイーエスブックスでも売り切れ
であった。がっくり。
 現代は目で見えることばかり重視し、すべて成果を計量化し
ようとする傾向がある。そして「ゆったりとした時間」を許さない。
とにかく、何かに向かい、何かに取り組んでいないと不安になる。
自分で自分の首を絞め、私たちはますます忙しくなるばかりだ。

 ファンタジーは目で見る事実をのさばらせない。見えないものを
見えるものにするという。私は子どもの頃、不思議なことが大好き
だった。想像も空想も大好きだった。けれどもいつのまにかそうい
う楽しみを失っている。
a0023152_23365780.jpg

[PR]
by nokogirisou | 2004-12-23 21:18 | 日々のいろいろ

世間は狭い

 いつもの喫茶店で友人と語らう。
 マスターともおしゃべり。
   ノコ:マスターは高校時代バレー部でしたよね!
   マス:あ、今日アルバムあるんですよ。見ますか?
   ノコ:見ます!見ます!
   マス:これ。
   ノコ:あれ!山賀博之だって。あの ガイナックスの社長ですよね。
   マス:そう、同級生。彼は毎年うちの店にくるよ。
   ノコ:ほんとうですか?
   マス:その写真と今の雰囲気とちっとも変わっていないよ。
   ノコ: アニメはそんなに詳しくないのですがエヴァンゲリオンは好きなんです。

  すっかり盛り上がって、肝心のマスターのバレー部のユニホーム姿を見忘れる
  ところだった。
  今日も忘年会だった。
  また風邪をひいた。今年2回目。せきがとまらず。
  はちみつ入りのハーブティをのむ。
  
[PR]
by nokogirisou | 2004-12-22 23:20 | 日々のいろいろ