<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

コンピュータの故障

 前回blog更新した直後くらいから、パソコンの調子が悪くなり、
とうとう、ウィンドウズが立ち上がらなくなってしまった。
 あわてて、サポートセンターに電話。難度もやりとりをくりかえす。
画面をみなが指示通り、スキャンしてみる。
 どうもリカバリするしかないとのこと。
その前にデータを業者に取りだしてもらった方がよいと言われる。
 何件か、パソコン修理屋に電話してみる。
 そしてパソコン入院。
 ハードディスクがいかれているので、取り替えた方がよいと言われる。
今日ようやくもどってきた。
 古いウインドウズmeのパソコンをとりだし、なんとか仕事はそれでやった。
 インターネットのない生活を久しぶりにした。
 本当に不便なことといったらない。
パソコンが不具合なだけで本当に不愉快、心配事の種。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-28 20:30 | 日々のいろいろ

V.I.Pの言葉

 昔、V.I.Pチョコレートが発売され人気があったとき
けっこう夢中で食べていました。
 最近スーパーなどでスティックタイプになって新登場しています。
おもわず懐かしくて手にとってしまいました。
 箱をめくったら

人生最上の幸福は、
愛されているという確信である。

              ヴィクトル・ユーゴー

 という言葉があり、どっきり。
 あまりにストレートですが、同感。
 この後ろには、その確信は長くは保たないということが隠れていますが。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-23 04:11 | 日々のいろいろ

沖縄に行ってきました3

a0023152_0113659.jpg

  10月17日はソバの日です。
そば粉を使っていない沖縄ソバが「ソバ」として認められた
日なのだそうです。
 それで、新聞にはソバの広告だらけ、ラジオからもソバの
コマーシャルが流れてきます。県内のソバ屋さんはイベント
をしたり、代金を安くしたりしてくれるらしい…
 ということは3日目は、ソバを求めて…
 タクシーの運転手さんにおすすめのソバやにつれていって
もらいました。「番所そば」
 今日はソーキと3枚肉いりのソバが500円とお得!
ということでそれをいただきました。肉は身ばなれよくうまい!
沖縄のソバには島とうがらし。沖縄ソバを食べると紅芋アイス
をなぜか食べたくなります。

 それからアメリカンビレッジへ。
 ここは若い人がたくさんでした。ちょっとアメリカというより、
中途半端な東京という印象をうけました。ちょっとこれは残念。
ただここで飲んだスタバの珈琲がおいしかったです。
 
  残波ビーチはよかった。まだ泳げるのです。海の色が
本当に美しかったです。沖縄の海だなあと実感。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-23 00:01 | 日々のいろいろ

沖縄に行ってきました2

a0023152_0184476.jpg

2日目は、南部をまわります。
 平和ガイドさんに案内してもらって糸数壕に入ったのですが、
同行者が、「今日はなんか気を感じる」と言っていました。
わけもなく、涙が出てたまらないという若い女性もいました。
急に気分が悪くなって、中に入らず戻っていく人もいます。
 壕の中は本当にまっくらで、懐中電灯なくては歩けません。
こんなにごつごつしたところが、病院で人が寝ていたなんて
信じられません。
 すべての灯りを消して黙祷する一分間の長く感じること。
平和ガイドさんはとても丁寧で一生懸命な方でした。みなボラン
ティアだそうです。
 壕のあとには佐喜眞美術館へ。普天間基地に隣接する美術館です。
ちょうどシャガール展をやっていました。ここにはケーテ・コルヴィッツの
コレクションもあるはすです。
 そして難度見ても新たな発見がある丸木位里・俊の「沖縄戦の図」
私はシャガールの絵と沖縄戦の図の描き方が似ているなと思いました。
それは、いろいろな要素と場面が組み合わさって一つの作品になって
いるところです。
 屋上では館長の奥様が待ちかまえていて、力強く沖縄の基地問題に
ついて語っていました。 
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-22 13:24 | 日々のいろいろ

沖縄にいってきました1

 日曜日羽田から沖縄に出発。
飛行機から見た海はエメラルド色でした。
那覇は気温29度。すぐに半袖になりました。
みなさんかりゆしウエア。とてもよく似合います。
この日は国際通りのホテルに一泊。
それなりに活気はあって、那覇らしさを味わいました。
「海人」Tシャツを購入。
「うみんちゅ」Tシャツにも本物とにせものがあるらしい。
気を付けて買いましょうと言われました。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-21 22:33 | 日々のいろいろ

あすから沖縄

  ずっとblog不調です。日時もカテゴリも自由にならない。
ほかの方へのコメントもうまくできない。みなさんごめんなさい。
何通送信失敗していることか。

 さて、明日からとうとう沖縄。
 台風心配でしたが、なんとかそれてくれました。
天気であること、無事であることを祈るばかり。
 沖縄の空気が恋しいけれど、日常の仕事を取り残していくことが
不安でもあります。
 明日がどうなるかわからない…と思うことがよくあります。
 ここ数日に、やっておきたいことはけっこう楽しみました。
見たい絵を見、テニスを思い切りやり、会いたい人にも会って
話し、食べたかったものも食べました。
 もちろん、もっともっと読みたい本も、聞きたい音楽も見たい
映画も、話したい人もいるのだけれど、よくばらず、とりあえず今日は
満足。
失敗があっても精一杯やりたいことをやって悔いのないように生きたい
ものだと思います。

 生きているということが本当にありがたいと思います。
 こういう日常がつづきますように。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-14 22:06 | 日々のいろいろ

バックスライス

 今日のテニススクールは、とても充実していた。
Kコーチの夕方のクラス。
 とにかく汗が流れるまでストローク。打ち合い。男性陣がうまい!
今月のテーマはバックスライス。スライスが苦手中の苦手である。
ボール出しでははずかしいくらい失敗ばかり。
 しかし、Kコーチの叱咤激励でちょっとはできるようになってきた。
やればなんとかなる。
 それからフォーメーションの練習。
 今日は身体が軽い。月曜日にクレーコートでやった試合の感じが
残っている。めずらしく試合で勝ち続けた。ボールの動きが読める感じ。
そしてイメージ通りにボールを配球できて気持ちよかった。
たまにこんなこともある…。テニスは楽しい。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-14 19:27 | 未分類

『神童』さそうあきら 双葉文庫

 「この漫画は『音』が主人公の作品です」このさそうあきらの
言葉に惹かれて読んだ。ピアノが出てくる漫画には目がない。
各章すべて「○○のうた」となっていて、それがとてもぴったりくる。

「まず先に『音ありき』 そんな出会いもあるのです」

 成瀬うたは、今は亡き名指揮者を父に持つ、野球が大好きな小学生。
彼女はすべてが音楽に聞こえる。そして彼女自身が音楽として響く。
自分に何も恐れがない。自然に生きて、自然に音楽に生きる。野球をや
っていたうたは偶然に音大めざして浪人中の和音と出会う。
 成瀬うたと菊名和音。私はこの2人の音でつながる関係がとても
よかった。気がつくと、私は人と人との関係ばかり読んでいる。
「うた」の音を和音がどううけとっているか。和音の音を「うた」にどう
響いているか。そればかり気になって読んでいた。うたは神童なのでどん
なハプニングも悩まず、すべて受け入れていくが、3巻で急転直下。
 セミの音が彼女にとりつく。その伏線はよく読むとちゃんとあるのだが
彼女はメニエル氏病だった。音を失ってしまう。呆然とするがうたは嘆かない。
そこがうたの他の人間たちの違うところである。彼女はその前もその後も少し
も自分の運命を嘆いたりしない。
再生の道を進む。そこにあるのは、彼女を愛する人たちの心である。やっぱり
「心」なんだと思う。それを受け取る力をうたは持っている。
 巻末に「さそうあきら選曲神童BGM」があるのも、魅力。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-10 05:22 | 本と図書館

『先生はえらい』内田樹

 ちくまプリマー新書002
 タイトルは妙なのですが、なかなかおもしろい本です。
教師論の本ではありません。むしろ恋愛論、コミュニケーション論
かな。あるいは「学びの本質」についての本といったらよいのか。
今世の中は、どんどんシステマティックになっていて、効率よく
わかりやすいことがよいことのようになっている気がします。でも
なんだかちがうのではないか…という気持ちが私には漠然とありま
した。わかりやすいのはよいけれど、すべて世の中そんなに簡単に
はできていない。わけのわからないことがずっと残されているのでは
という思いがあります。
 筆者は「学ぶ」ということは、先生が有用な知識や技術を与えてくれ
る対価として、生徒がしかるべき対価を払うことで成立する「取引」では
ないことを示唆しています。
 私たちは「理解を望みながら、理解に達することができないという宙
づり状態をできるだけ延長すること」を望んでいるのだそうです。これは
納得です。私が人を好きになるとき、そういう状態です。もっとその人を
知りたい。謎が残っている。意思の疎通が簡単に成就しないから私たち
は恋を求め、恋することをやめないのだろうなと思います。
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-09 10:30 | 本と図書館

バックスライス

  いつものようにスクールに行くと、Oコーチの姿がない。
なんとコーチが代わっていました。
諸々の事情で、今月は大学生のFコーチが担当とのことでした。
このコーチ、陽に焼け、筋肉もりもり、現役で頑張っておられること
がよくわかります。なかなか指導が上手で、好感を持ちました。
 ところで、今月のテーマはバックスライス。私が最も苦手とするもの
です。面の作り方が下手なために、ボールが上に上がってしまうこと
が多いのです。片手打ちの方の鮮やかなバックスライスは本当に
かっこいいですね。羨ましいと思いながら両手でどたばたしています。
 今日は連休の初日ということでいつもよりメンバーが少なくて、ボール
を打つ時間はたくさんあり、試合もたっぷりできました。
 試合は五分で、思ったより勝てなかったのですが、かなり積極的に
動けて、ボレーで決めることができ、気分はよかったです。ただもちろん
課題も多数。今日も深いリターン、短いリターンに苦しめられました。
失敗してはならないストロークで思いがけないミスが…。
 とにかくミスをなくすことが私の目標です。

 
[PR]
by nokogirisou | 2006-10-08 04:50 | 未分類