<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

外山啓介ピアノリサイタル

 ピアノの貴公子外山啓介のリサイタルに行ってきた。8月30日のこと。
前半はフランスの作曲家の作品、後半はショパンの作品という2部構成だった。

曲目は
サティ :ジムノぺディ 第1番
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
フォーレ:ノクターン 第2番 ロ長調 op.33-2
ドビュッシー:月の光
        亜麻色の髪の乙女
        映像 第2集   
                 葉ずえを渡る鐘の音
                 そして月は荒れた寺院に落ちる
                  金色の魚
休憩
ショパン:ノクターン 第1番 変ロ短調 op.9-1
      ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2
      エチュード 第12番 ハ短調 「革命」 op.10-12
      プレリュード 第13番 嬰へ長調 op.28-13 
      プレリュード 第14番 変ホ短調 op.28-14
      プレリュード 第15番 変ニ長調 「雨だれ」 op.28-15
      舟歌 嬰へ長調 op.60
      バラード 第4番 へ短調 op.52
 たしかに、スタイリッシュなピアニストだ。
繊細な音色を出していたかもしれない。スマートな感じがしたが、私には
物足りなかった。心がゆさぶられなかったと言っては失礼なのだが、正直
なところ。彼は何を伝えたかったのだろうか…。今一番将来を嘱望されてい
る日本のピアニストだそうだが。
 サティは高橋アキの演奏が耳に残っているし、ラヴェルは横山幸雄の
演奏が、フォーレのノクターンは小山実稚恵の演奏が、気に入っている。
ドビュッシーはやはりミケランジェリの演奏が強烈に印象深い。外山の
演奏は、するすると手の間から逃げていく水のような感じ。
 ショパンもなんだかとても平板な感じがした。私はかっちりとして、メリハリ
があって心地よい音色のポリーニの演奏が好きだ。ショパンはいろいろな
演奏に魅力があるだろうが、どうも今回の演奏は印象に薄いのはどうしてか。
 しかし、となりの席の女性たちは、うっとりしていて休み時間にCDを購入して
いたから、やはり好き嫌いの問題なのだろう。
 最近コンサートやリサイタルで物足りなさを感じることが少なかったので
妙に虚しさを感じた。もちろん次の予定が入っていて落ち着かない私の方にも
原因があったのかもしれない。時間をやりくりして、やっと聴きに行ったにも
かかわらず、満足できなくて残念だった。

 
[PR]
by nokogirisou | 2008-08-31 23:28 | 音楽

イタリア紀行5 たべものその3

 
a0023152_641443.jpg

 私たちの旅は、都市から都市をバスで移動する。高速道路をベンツの
バスで走り抜ける。途中ドライブインに寄るのだが、食料品店が経営する
ドライブインに入ることがけっこうあった。普通のドライブインは有料トイレ
であることが多いのだが、食料品店の経営するドライブインはトイレは無料。
その代わり、店内はお土産品店になっていて、さまざまなイタリアの食材を
売っており、ぐるっと一周しないと出口にたどりつけない構造になっている。
食品の試食品もたくさんでていて、まるで日本のスーパーのようだった。
 みなさん、パスタやポルチーニやオリーブオイルをたくさん買っていたが
ローマのスーパーマーケットの方が安くて種類が多かったりする。ローマで
の収穫はスーパーに行ったことだろう。テルメニ駅の地下にはスーパーが
あって楽しめた。お惣菜の種類は日本の方が多い。サラダとパスタ料理が
並ぶ。野菜は概して高いような印象を受ける。清涼飲料数も日本の方が種類
が多い。こちらではファンタとスプライトとコーラがメジャーである。どこにいっ
てもこれらがあり、多くのイタリア人がファンタを飲んでいる。それ以外の種類
がない。スポーツドリンクもフルーツ味のゲータレードしかない。旅行中に感じ
たのは自動販売機やコンビニがまるでないことだった。景観を大切にするため
だろうか。唯一みつけたのがヴェネチアの大鐘楼の中。ファンタと水の自動販
売機がおいてあった。
 ローマ初日のランチはなんと中華料理だった。ローマにはいたるところに
中華料理の店がある。しかし出てきたものは不思議な中華料理だった。しかし
日本の味に少し近い感じがして、ツアーのみなさんおもしろがって食べていた。
「アジアの味がするね」などといいながら。卵とわかめのスープ、牛肉とピーマン
の炒め物、マーボー豆腐、野菜のいためもの、白いごはん、メロン。
 夕食は、アラビアータのペンネのはずだったのだが、出てきたのはアラビアータ
のスパゲティだった。待っている間に長いプレッツェルのようなものを食べたが
これも美味。これは新潟のイタリアンレストラン「ピアチェボーレ」でも出てくる
ものだ。第2の皿は鶏肉のソテー。肉がやわらかく、ソースとよく合い食べやす
かった。デザートはベリーのジェラート。イチゴ味のアイスにベリーのソースが
かかっている。ベリーの種がじゃりじゃりしているのが気になったが酸っぱくて
アイスの甘さを緩和してくれる。

 ローマでは、2日間自由行動の日があったのだが、その1日目に同行者が
熱を出し、ホテルで休むことになった。そこでスーパーに出かけて、サラダや
パスタのお惣菜やパンナコッタや果物などを買い込んでホテルの部屋で食事
した。同行者が眠っている間、私は暇だったのでホテル最上階に上がってみた。
ここはなんと、プールがある。青空のもと、数人の外国人がゆっくり泳いでいた。
プールサイドには水着のまま甲羅干しをしている人や長椅子に腰かけてビール
を飲む人、本を読む人などがいた。
 私もふらふらと外のテーブルにすわってしまい、本を読むことにした。すると
かっこいい若いボーイがメニューを持ってやってくる。隣の席の女性が一人で
サンドイッチをかじっていたので、チーズとトマトのサンドイッチと水を頼む。
 まもなくサンドイッチとポテトチップスの載った皿が持ってこられる。値段が値段
だけに、美味である。ポテトチップスがしょっぱかったが。ここでビールでもあった
ら村上春樹の世界なのだが、貧乏性で頼めなかった。だってサンドイッチが18
ユーロだったのだから!
 それから2時間くらい、プールサイドで本を読んだり、泳ぐ人を眺めたりしていた。
マンウォッチングをするにはいい環境だった。気分はリゾートだった。
 
 ローマのホテルはこれまでのホテルとは違い、とても現代的な高級ホテルだった。
朝食もこれまでとは違い、パンとハムとチーズ以外に生の果物やヨーグルトや
ポテトやトマトの料理も並び、バイキングらしいものだった。
 翌朝は元気になった同行者と一緒にバイキングを楽しんだ。果物のコンポート
が美味で、同行者は大きな洋ナシのコンポートを一人でいくつもほおばっていた。
[PR]
by nokogirisou | 2008-08-31 06:47 | イタリア旅行

イタリア紀行4 たべものその2

a0023152_6414352.jpg

 フィレンツェについてすぐに、ホテルの近くのリストランテに向かった。
ポルチーニのペンネと、フィレンツェ名物Tボーンステーキだった。
ペンネはゆで具合がよく、ポルチーニがうまいがうあいにからまっていた。
驚いたのはステーキ。骨付きの草履のようなおおきな牛肉のかたまり。
シンプルに塩とこしょうで味つけられている。私はけっこういけたが、ツアー
仲間の女性たちはあまり手をつけていなかった。デザートのパンナコッタ
はなめらかで、今まで食べてきたパンナコッタの中で一番おいしかったと
思う。
 夜はリゾットと魚の料理。リゾットは米からたくので固めなのだが、それが
良い感じだった。日本の米とは違う感じだ。魚の付け合わせのジャガイモも
黄色っぽくて日本のものと違うと感じた。デザートのティラミスが小さめの
どんぶりのようなガラスの器に入って出てきたので、さすがにたべきれなかった。
 フィレンツェの朝食はパンの種類が増えていておどろいた。見かけより
固めだった。甘いお菓子系のパンもたくさん出された。ヨーグルトが独特の
酸味となめらかさで美味だった。
 フィレンツェ2日目のランチは添乗員のOさんが紹介してくれた日本人がホール
で働いている店で食べた。野菜が食べたくてサラダを注文する。ドレッシングはな
くて、オリーブオイルとビネガーと塩とコショウでお好みで味付けする。シンプルな
ポモドーロ(トマト)とバジルのスパゲティがおいしかった。ニンニク臭すぎたり、、油
っぽかったりせず、おなかにもたれない。パスタ料理に関しては、どこもはずれなく
おいしかった。名物のぱんがゆ「リボリータ」は野菜がたっぷりでちょっと和風な
感じで気に入った。
 フィレンツェ最後の夜ご飯はピッツァにした。シンプルにマルゲリータ。チーズが
濃厚でバジルがさわやかで、生地はぱりっとしていて私ごのみだった。隣の方の
食べていた魚貝のスパゲティがアルミ蒸しになっていてとても豪華に見えた。
ここは魚料理が得意の店らしく魚のフリッターが人気だった。
 ジェラートのついて一言。アイスクリームは正直言って、日本の方がおいしい。
地元の「ポポロ」ジェラートにかなわないと思った。イタリアのジェラートは甘すぎる。
ただ、フィレンツェの路地裏のお店のジェラートは唯一、シャープでこくがあって、
さっぱりしておいしいと思った。
a0023152_2150141.jpg

[PR]
by nokogirisou | 2008-08-29 21:50 | イタリア旅行

イタリア紀行3 食べ物その1


今回は食べ物編。
 まずは、初めていただいた機内食。飛行機は日本航空だったので、日本食と
洋食を選ぶことができ、なかなか美味であった。13時間のフライトで機内食は
2回。軽食が1回。機内食は給食のようにプレートに載って主食、副菜、デザート
が登場する。主食はあたたかく、デザートは冷たい。よくできているものだと感心
する。私たちの席はエコノミーのさらに後ろの方なので、どうしても残り物になって
しまう。したがって、「申し訳ありませんが、お客様、日本食でよろしいでしょうか?」
ということになる。また飲み物も「スカイタイムはなくなりました。リンゴジュースか
オレンジジュースではいかがでしょうか?」と言われた。しかたあるまい。
 隣の席の女性は、飲み物をすべてアルコールにしていた。ビールにワインの
赤と白。おお!
 一泊目はベネチアのベッドタウン、モリアーノベネトのホテル。閑静な住宅街で
あまり近くにお店がない。朝食はバイキングだが、パンとチーズとプロシュート。
それからスクランブルエッグ。あとはシリアルと飲み物しかない。何が足りないって
野菜がないのである。これは翌朝もそうだし、フィレンツェのホテルでもそうだった。
イタリア人はそもそもあまり朝食に力をいれないそうだ。甘いパンとカフェで終わり
というのが一般的なのだそうだ。
 ベネチアでは名物のイカスミのリングィーネとシーフードのフリッターを食べた。
こちらは第一の皿でパスタかリゾットを頼み、第二の皿で肉か魚かメイン料理を注文
するのが一般的。これにアンティパストをつけたり、ドルチェをつけたりする。
 イカスミは、食べると口の周りが真っ黒になる。盛り方も意外と無造作な感じ。
しかし、なんとも美味である。リングィーネのゆで方が微妙である。フリッターも檸檬
を絞っていただくとさっぱりしておいしい。最後は冷たいティラミスが出てきた。
 こちらの食事で欠かせないのが水。水はすべて有料。日本では当たり前に出てくる
「おひや」がイタリアではすべて瓶で注文する。もったいないので、最後まで水は飲む。
 ベネチアの夜は、昼間ベネチアのスーパーでブドウや飲み物を買ってきたので、近く
のバールで買ったパニーノと一緒にホテルの部屋でいただいた。パニーノはサンドイッチ。
チーズやハムやトマトがはさまっていておいしいがかなり塩辛かった。
 

 
a0023152_2211565.jpg
a0023152_2175096.jpg

[PR]
by nokogirisou | 2008-08-24 20:00 | 日々のいろいろ

イタリア紀行2

 イタリアに滞在した6日間で一番印象に残っていることは、いろいろな国の
人たちの中にいたということだ。
 イタリア語だけでなく、英語、フランス語、ドイツ語、中国語が飛び交い、
見るからにアジア系の人、インドの人、中東の人とわかる人々と、すれ違ったり
メトロで席が隣同士になったりする。自分がそういう世界各国の人々のうちの
一人であることを実感する。当たり前のことなのだが。
 またイタリアにはジプシーもたくさんおり、物乞いをする人たちもたくさんいる。
日本の格差社会なんて格差のうちにjは入らないという人がいたが、確かに
そうかもしれない。
 現地ガイドさんが言っていた。この国では住むところも、働くところも、学ぶ
ところも自由。ただし自分で選択した以上は自分で責任をとらねばならない。
また、自分の身は自分で守らなくてはならない。だれも守ってくれない。
そういう覚悟をもっていきていかねばならないのだ。
 しかし、もちろん、道を尋ねればみな親切に教えてくれるし、ホテルで困った
ことが起きれば、ホテルマンは丁寧に対応してくれた。
 言葉の重要性も痛感した。直前にイタリア語をあわてて勉強したが、結局挨拶
しか使えなかった。あとは英語。とにかくカタコトでも英語を話せばイタリアでは
なんとかなった。
 今回フリーが3日半あり、その間は自分で行き先を決め、道をたどらねばならな
かった。食事をするにも、ちょっとしたものを買うにも言葉を話さねばならず、
度胸だけはついた。外国語をもっと話せるようになりたいものだ。 
 日本に戻ってから、今更イタリア語のCDを聞いている。さすがに前よりは
耳慣れてきた。イタリアに行ってやっと聞きとれるようになった気がする。
語学を学ぶことははてしないが、知ろうとする姿勢は持ち続けたい。
[PR]
by nokogirisou | 2008-08-22 23:32 | イタリア旅行

イタリア紀行1

 海外旅行にどうしても行きたかった。イタリアに行きたかった。
それは昨年からの願いで、ひそかにひそかに計画をたててきた。
8月13日お盆だというのに、早朝新潟を飛び出す。旅慣れた年上の
友人から借りたスーツケースをごろごろ引きずりながら、東京にむかう。
 成田エクスプレス乗り場でいきなり、外国人に英語で話しかけられ
どぎまぎする。今きた電車が10時3分発の成田エクスプレスかと
尋ねているらしい。それは快速電車であった。「NO!」と叫ぶ。
 ゆっくり話してみると彼らはトルコからきた家族で、これから国に
帰るところだという。あなたはどこへ行くのかというので「イタリアです」
というと「よい旅を」と言われた。うれしい言葉だった。私は彼らになんと
言ったらよいのだ?言葉がみつからないまま「さよなら」と別れてしまった。
 成田には、私たちのツアーの添乗員の大場さんが待っていた。
大場さんは、電話の声で想像していたよりずっと年配でひげをはやし
ていて、添乗員らしくない風貌だった。しかしとても親切で、海外旅行に
うとい私にいろいろ説明してくれた。
 流れにまかせて、飛行機に乗り込む。ラッキーなことに窓際の席だった。
離陸すると地図のように日本が見えた。新潟の上を通った。
 そこからが長かった。ロシアはなんと広いことか。なかなかヨーロッパに
入らない。機内食が2回でた。なかなか美味で不思議な食事だった。狭い
中、客室乗務員さんたちが丁寧に食事を配り、飲み物を配っている姿に
見とれてしまった。彼女たちはプロ意識を持っててきぱきと働いている。
 長い長いフライトだった。本を読んだり、音楽を聴いたり。機内のイヤホン
で聞いた音楽で印象に残っているのは、オッフェンバックのホフマン物語。
パトリシア・ポプディンのソプラノが楽しい。すてきな歌い方あった。それから
バーバーのヴァイオリン協奏曲。バーバーは興味ある作曲家の一人である。
こんどじっくり彼の音楽を聴いてみたいと思った。途中うつらうつらもしたが、
まだかまだかと思いながらフライトは続く。アルプス山脈を越えたと思ったら、
やがてイタリアだった。ミラノ空港になめらかに入っていく。こちらは夜の8時
近くなのに、まだまだ明るい。 
 
[PR]
by nokogirisou | 2008-08-13 21:01 | イタリア旅行

明日から長旅

 先週はイベントの準備と運営に追われた。
イベントを開くには、多くの人と協力することが必要になる。
しかしこのイベントは毎年、本当に運営の仲間がすばらしく
豊かなコミュニケーションを結びながら、充実した時間をすごせた。
 リーダーシップがすばらしかったために、みんな積極的に動けた
のかもしれない。とにかく、仲間とともに何かを作り上げるという
体験はありがたい。初めてお会いする方もたくさんいたのに、イベント
期間中にすっかりうちとけて仲良くなれた。
 なかなかいいイベントだった。

 そして昨日、今日は仕事に追われた。しばらく留守にするので、
そのために仕事をせっせと片づけた。明日からお休みをいただいて
長旅にでる。これまでの生涯で一番長い旅になりそうだ。しかも一番
遠いところへの旅になる。
 この旅の準備ためにどれほど多くの時間とお金をかけてきたことか。
どうか無事に帰ってこれますように。
[PR]
by nokogirisou | 2008-08-09 22:14 | イタリア旅行

カルボナーラがうまくいかない

  いろいろスパゲッティを作ってみるが、最近のおお気に入りは
イワシとトマトのスパゲティ。オイルサーディンとプチトマトと、
三つ葉と醤油とオリーブオイルで作る。シンプルだがなかなかいける。
  今日はカルボナーラに挑戦したのだが、失敗だった。
ちょっと時間がたつと、麺が渇いて、カルボナーラソースの水分をすい
とってしまう感じになるのだ。そして生クリームをいれなかったからか
コクが足りない。ベーコンと卵と胡椒の感じは悪くなかったのだが、ちょっと
時間をおいたら、失敗。
 どなたかおいしいカルボナーラの作り方を教えていただけないでしょうか?
[PR]
by nokogirisou | 2008-08-06 21:10 | 日々のいろいろ