<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『尾道坂道書店事件簿』 児玉憲宗著

 『尾道坂道書店事件簿』を読んだ。

 広島県の「啓文社」という書店チェーンにつとめる児玉憲宗氏の
書店と本をめぐるエッセイ。尾道が舞台だ。
 尾道に惹かれる。書店に惹かれる。それで手にとった本だが、書店
をやっていく醍醐味が伝わってくる興味深い内容だった。
 ここに出てくる『明日の広告』(佐藤尚之著)『劇場としての書店』福嶋聡著
の本も読んでみたいものだと思った。
 児玉氏自身は現在店に立たない。一括仕入れ窓口を担当している。彼は
29歳で多発性硬化症と診断され以後車いすの生活を送っているそうだ。
両下肢麻痺だが、そのおかげで今まで見えなかったものが見えるようになっ
たという。その上、ようやく落ち着いた頃、悪性リンパ種も発症。入院、抗ガン
剤治療。再発。それらが少しもしめっぽくなく、語られほっとする。「僕はがん
ばっているんだよ」という力んだメッセージもなく、書店員として一市民として、
父親として、夫として自然に生きている姿がうきぼりになる。
 今ではこんなに本が好きな児玉さんも高校を卒業するまではまったく本を
読まなかったという。大学に入ってから暇つぶしのために読み始め、好きな
作家をかたっぱしから読もうと思ったそうだ。 本との出会いは本当に縁だと思う。
 児玉氏は、本を語り、広島を語る。広島にゆかりのある画家や漫画家を
紹介し、広島の文化を語る。私は意外と広島のことを知らなかったことを自覚
した。こんな書店のある広島にこの夏行ってみたいと思う。


 
[PR]
by nokogirisou | 2009-05-17 10:17 | 本と図書館

書くことと読むこと

  blogをまったく書けない日々がある一方で無性に書きたくなる時期もある。
本が身近にあるのにまったく読めない、読むことをうけつけない日々がある
一方で、一気に読書が進む日もある。
 過剰が続くとその反動で何もしたくない日がある。
 仕事関係のことが続くと仕事と関係したくなくなることがある。どうなっている
のだろう。仕事の話しかしない人にうんざりくることもあるのに、遊びの話ばかり
ふってくる人に嫌悪を抱くこともある。
 なんと人間の感情は、むらが多く、勝手なのだろう?
[PR]
by nokogirisou | 2009-05-16 09:28 | 日々のいろいろ

旅への思い

 新型インフルエンザ発症の影響で、海外旅行をする人は減る
だろうし、海外旅行をしにくくなるのだろう。これはとても残念な
ことである。
 あまり過敏になる必要はないと思うのだが、病気を人にうつす
可能性があるとなると、軽率な行動もできず、さまざまな制限が
生まれてくる。
 旅はもちろん国内だっていい。知らない街を歩くことが好きだ。
知らない街で珈琲を飲みながら本を読んだり、知らない駅から
電車に乗るのがとても好きだ。
 旅ができるというのは、とても恵まれた環境なのだと思う。お金
と時間がなければ絶対できないのだから。できることなら、スケ
ジュールに追い立てられない一人旅がいい。いきあたりばったり
の旅。
若い頃は、思いさえあれば、行きたいところにいつでも旅できる
のだと思っていた。しかし現実は、なかなかそうはいかない。
行きたいと思いながら、まだ行ったことのない土地の多いこと…。
まず仕事に追われて時間がとれない。遠くに行けない。
そして、このところずっと金欠病。生活に追われて、自由になる
お金が年々少なくなっている気がする。
 この夏は…思うところあって、広島に行こうと思っている。これは
ずっと考えていたことだ。これから旅の計画をたてようと思う。
  
[PR]
by nokogirisou | 2009-05-09 16:17 |

春日山

 『天地人』に熱中している。大河ドラマをこんなに真面目に欠かさず見る
のは久しぶりのことだ。これまで、恥ずかしながら「第一義」という言葉は
知っていたし、大杉屋の同名の羊羹は好物だったがが、上杉謙信につい
ては、あまり興味がなかった。しかし、今回の『天地人』を見てから、急に
興味がわいた。「義」とは何か、ふと考える。
 安塚の直峰城を見て、上越市の春日山に行ってきた。
 直峰城は兼続の父の居城だ。こちらは人はいない。新緑のくさぼうぼうの
山だった。
 春日山は大変な人混みで、1日目は夕方下見に行ったときには、上の駐車場
まで上がれたのだが、2日目はすでに渋滞。埋蔵文化センターに車をおいて、
上越市のシャトルバスで春日山、上杉謙信像の前まで行った。
 そこから、歩いて山を登る。想像力を頼りに山を登る。めざすは本丸。
本丸跡から見る眺めは見事だった。直江津の海岸が見える。高田の街が見える。
遠くの山も見える。 山の上は人だらけで違和感があったが、それでも想像力で
なんとか山歩きを楽しむ。
 春日山を降りてから、林泉寺へおもむき、謙信の墓に手を合わせる。シャクナゲ
の鮮やかな花が咲き、美しい庭だった。子どものときに遠足に来たはずだが、こん
なに整備されていただろうか。記憶にない。
 人混みのバスにゆられて、埋蔵文化文化センターに戻る。
 高田がこんなに観光地になっているとは知らなかった。
[PR]
by nokogirisou | 2009-05-05 19:59 |