<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

『くじけないで』柴田トヨ

 ベストセラーには興味がなかったが、たまたま今朝
NHKのヒューマンドキュメント「99歳の詩人」を見たら
釘付けになった。そのまま書店に行って買ってしまった詩集。
 私はこのところ、懐疑的だった。詩の言葉はどれだけ人
を勇気づけたり、力になったりするだろうか?「感動しました」
「涙が出ました」という感想は、あまりに安易ではないか。
本当に言葉が人の心に届くというのは、そんなに簡単なこと
ではないのでないかと。私はいつも不安だった。自分の言葉
が相手にどううけとられるのか。人を傷つけはしないか、失礼
でないか、忘れ流されはしないか。
 苦労して詩にしても、自己満足のゴミになるのでないか。

 しかし、今日番組を見ていて、この柴田さんの言葉の力に
はっとした。私自身、柴田さんの詩の言葉に惹き付けられた
のだ。
 そして、印象に残ったのは、柴田さんと息子の健一さんとの
関係である。そもそも、詩を書くことを勧めたのは息子の健一
さんだ。そして二人は互いに詩を勉強しあってきた。トヨさん
が健一さんの詩をほめるところがすてきだった。いい親子だ
と思った。
 トヨさんのすごいところは、いままでの経験を大事に大事に
感情とともに記憶しているところである。それを、とても優しい
ちょうどいい長さの言葉をつむいで詩にしている。わかりやすい
のにやすっぽくない。99年の人生をくぐりぬけてきた人だから
こそ、紡げる言葉というのがある。
そして、この人の詩にはユーモアがるから愛される。
     貯金      柴田トヨ
 私ね 人から
 やさしさを貰ったら
 心に貯金をしておくの
 さびしくなった時は
 それを引き出して
 元気になる

 あなたも 今から
 積んでおきなさい
 年金より
 いいわよ

    朝はくる  柴田トヨ
 一人で生きていく
 と 決めた時から
 強い女性になったの
 でも 大勢の人が
 手をさしのべてくれた
 素直に甘えるkとおも
 勇気だと わかったわ
 
 (私は不幸せ……)
 溜息をついている貴方
 朝はかならず
 やってくる

 朝日も
 射してくる筈よ
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-31 15:37 | 本と図書館

年末のいろいろ

 28日、仕事納めの日がテニスの大会で、本当にどたばた
だった。しっかり試合を全部見たいが、仕事もあり、大掃除も
せねばならず、職場とコートを何度も往復することとなった。
 家にはまだ宛先の書いていない年賀状が山積み。
 家の大掃除もしなければならないのだった…。
 
 試合の結果はさんざんで、あんなに練習したのに、それが
勝ちに結びつかなかった。反省反省、また反省の年末である。
 今日は松前漬けを作らねば…
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-29 08:40 | 日々のいろいろ

浅草

a0023152_8332292.jpg


  東京といえば…
私の青春は春日通り。
そして池袋であったが、その後旅人としては
何の縁か私は浅草に立ち寄ることが多くなった。
 なかなか道は覚えられないけれど知っている
風景、お店は増えてきた。
 ちょっとほっとできる町です。
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-29 08:33 | 日々のいろいろ

桑田てるみさんの講演

 桑田さんの近著『思考力の鍛え方』にもとづいた講演だった。
学校図書館は、読書センター、学習センターであるだけでは
生き残れない…という言葉が衝撃的だった。しかし真実である。
残念ながら,高校では学校図書館は生徒たちの自習の場であり
読書好きな一部の生徒が本を借りる場所でしかない。教員が
授業で利用することも少なく、その存在価値は実はあまり知られ
ていないのが現状だ。このままでは、図書館は軽視され、なくて
もよいものとされてしまう。
 生き残るためには、新学習指導要領を追い風にしてそれにしっかり
乗って、図書館をアピールしていく必要がある。
 生徒たちは、資料の総合的な解釈や、自分の知識と新しい情報
をリンクさせることが苦手だ。
 そういう力が国際的な学力で必要とされているので、そのために
学校図書館が役にたてればいいのだ。
 桑田さんはこれまでの丸写しの「調べ学習」から調べて、考えて、
表現する「調べ学習」にシフトしていかねばならないし、学校図書館
は探究のプロセスとスキルを指導していかねばならないという。
 その際に参考になるのが「Big 6skills」だという。
1テーマの決定  2情報検索
3 情報収集   4情報利用
5 情報、資料のまとめと伝達
6 学習活動の評価
 
 印象的だったのは「探究の基礎は読書です」という言葉だ。
「考え方」を教えた上で、分析、評価をさせていかないと、いつまでたっても
「考える」「探究」することができない。
学校図書館はこの「考える」訓練、指導をする場になりうるという。
 しかし、これがまた難しい。どうしたら考える訓練を提供できるか。
これが私たちに課せられた宿題である。
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-26 21:08 | 本と図書館

千葉学図研例会に参加

 
a0023152_2122235.jpg

 早朝新潟を出て、新幹線に乗る。
湯沢ではうっすら雪が積もっていたが、高崎を
すぎると、からっと天気で、朝日の照らす畑や家々が
まぶしく美しかった。こういう天気はどうして、人をこんな
に明るい気持ちにするのだろう。県民性は天気による影響
を受けるのではないかと思う。
 さて、桑田てるみさんの講演を聴くために、はるばる千葉
の学図研例会に参加してきた。会場は千葉市立図書館内
の生涯学習センター研修室。千葉市立図書館は、駅から
歩いて数分の、便利な場所にある。大きくて立派な建物。
まるで県立図書館ではないかと思う贅沢さ。 建物に入ると
吹き抜けで解放感がある。
 入ってすぐにCD、DVDなどの資料がずらーっと並び、
試聴ブースで、くつろぎながら、あるいは真剣な表情で見たり
聞いたりしている。その奥に雑誌の棚。これは壮観だった。
雑誌、雑誌、また雑誌。最新刊は表紙を見せてたてられて
いて、バックナンバーは平積みになっている。ありとあらゆる
雑誌を、ソファで眺めることができる。
 その奥に図書が並ぶ。
 児童コーナーも広い.新潟のほんぽーとの比でない。子ども
図書館に図書館員が3人常駐。カウンターも広い。 
 研修室に移動して、桑田さんのお話。「探求型学習」について。
キーワード
 PISA型読解力 クリティカルシンキング 考える訓練
 BIG6skills 
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-26 20:41 | 本と図書館

悲しい別れ

 今年は、大切な人を何人も失った。
そして、今日、また悲しい知らせが届いた。
覚悟していなかった知らせだったのではずかしいほど
うろたえてしまった。あまりに若すぎる死であった。
 
 通夜にかけつけてその顔を見た。
まだ信じられなかった。起こせば、起きるのではないか
と思われるほど、そのままの彼であった。
 彼の母は泣き続けていた。
 私はどうしようもなく、呆然と手を合わせるばかりだった。
 言葉を失うというのは、こういうときのことをいうのかと
思った。何を言っていいのかわからなかった。どんな言葉
もうそっぽく、どんな行為も芝居がかったように感じられた。

 夏の終わりに会ったのが最後であった。
しかしつい最近長いメールのやりとりをしたばかり
であった。しかしこの世にもう彼の存在はないのだ。

 まっすぐで、一途で、有能な人であった。
 
 会場から出て、車に乗り込み、一人になったときにどっと涙
と嗚咽に襲われた。自分でも予期せぬ反応だった。
 人を失った哀しみは、一人で受け入れるしかないのか。

 これかも人の死は続くであろう。これをどう乗り越えていった
らよいのか、あるいは、乗り越える必要はないのか。哀しみに
みを委ね、過ぎ去るのを待つだけなのか。
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-22 23:23 | 日々のいろいろ

沖縄 バナナカステラ(沖縄パシフィックホテル)

  沖縄の知人から、荷物が届いた。
いつものサーターアンダギーと沖縄そばのセットと、シークァーサージュース。
そして、一番下から出てきたのが、パシフィックホテルの包みのバナナカステラ
だった。「添加物が入っておらず、甘さ控えめなので、お早めにめしあがってくだ
さい」と書いてある。迷わず、これからいただくことにした。

 写真をとっておかなかったのが悔やまれる。
 見かけは、茶色い、バナナの種のつぶつぶの入った平たいカステラである。
 この味が絶品だった。とにかくしっとりしている。甘さが自然で、本物のバナナ
の味がする。香料や人工的な味とは無縁な味だ。
 カステラなのだが、ぼそぼそせず、ケーキのようにバタ臭くない。本当に美味で
沖縄の香りがした。
 送ってくれたKさんに本当に感謝です。ごちそうさまでした。沖縄に行きたくなって
きた。
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-15 21:36 | 日々のいろいろ

ドラマ 「坂の上の雲」

  最近このドラマに熱中している。
実は、まだ司馬遼太郎の原作は読んでいない。
私は「明治」という時代に惹かれる。明治を知りたくて
この番組を見始めた。しかしなかなか掴みきれない。
司馬の言葉を借りれば明治というのは、どうしようも
ない暗さがつきまとう時代なのだという。それは庶民
の貧しさゆえだという。一般庶民の生活は、今では
想像できないほど貧しかったようだ。
 
 さて、昨日の回で、正岡子規が死んだ。
 香川照之演じる正岡子規はリアリティがあった。
彼は病気に苦しみながら、どうしようもなく楽天的だった
という。
いままで、正岡子規にそれほど興味はなかったのだ
が急に読みたくなって図書館で子規関係の著書を探した。

 22歳で喀血して以来、子規はずっと病と付き合わねば
ならず、常に人生に焦りがあったようだ。

 私が不思議に思ったのは、長く病床にあり、強情で
わがままな子規に、虚子と碧梧桐がずっとそばにより
沿い、面倒を見続けたことだ。それだけ彼は人を惹き付ける
力があったのだろう。たとは醜く、愚痴の多い病人であったと
しても。
 伝記によると虚子は、子規に自分の後継者になること
を期待されていながら、あえて拒んだという。子規はひどく
落胆したが、それでも虚子をかわいがったそうだ。
伝記には秋山真之との友情は描かれていなかったが漱石
との友情は繰り返し書かれていた。あの頑固者の漱石が
子規にはとても優しく寛容であることが不思議だった。
 子規の晩年の苦しみは、伝記を読むのがつらくなる
ほど壮絶だった。
 
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-13 23:46 | 日々のいろいろ

アッラ・ヴェッキア・ペントラッチャ

  職場の近くに、黄色い、洋風の建物が出来て何かと
思ってみると、イタリアンレストランだった。
12月3日にオープンしたばかりの「アッラ・ヴェッキア・ペントラッチャ」
だ。ペントラッチャといえば、かつてどっぺり坂の横の異人池ハウス?
にあったトラットリアで、私はそこのパスタが好きでよく友人と食べに
行ったものだ。ある時突然なくなってショックを受けたことを思い出した。
 今度できた店は同じ系列らしい。昔を思い出した。
 店に入ったときにとびかうイタリア語。
 元気のよいスタッフ。
 食べ放題のパン。
 ピッツァを焼く大きな窯。
 イタリアの音楽。

 土曜出勤のランチに同僚と立ち寄った。パスタランチと
ピッツァランチをそれぞれとってシェアした。どちらもとても
量が多くて、分けて食べ合って正解だった。
 ピッツァはカプリチョーザを、パスタはえびのソースの平麺
を選んだ。ソースが絶品でアリアッターレによく絡まって美味
だった。
 デザートのチョコレートムースがかるくて、こくがあって
飽きない味でおいしかった。ハーブティーとよく合った。
 サラダもついて1050円とはなかなかリーズナブルだ。
私たちが店に入ったのが2時近かったのだが、まだまだ後から
後からお客がやってきていた。
 それにしても新潟はイタリアンの店が多いと思う。同僚は
フレンチに比べて、大ざっぱにできて、コストがかからず、しかも
量を多くできるので、男女ともに人気があるのではないかと分析
していた。 
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-12 21:44 | 日々のいろいろ

西本智実withミッシャ・マイスキー ラトビア国立交響楽団

 
a0023152_111716.jpg

 12月9日、りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)コンサートホールに行く。
すでに駐車場は満杯。陸上競技場の駐車場に回される。
会場も人でいっぱいだった。

 今日の席は、三階ステージ上手の上。指揮者とオケを見下ろせる位置だった。
燕尾服の西本は、本当にかっこうよく、その登場する姿にまず見とれた。
 まずはワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より、第一幕へ
の前奏曲。メリハリあり、歌うような指揮だった。
 次にドヴォルザークのチェロ協奏曲。ミッシャ・マイスキーはすっかり銀髪で
それをなびかせて颯爽と登場した。チェロの音色がなんと美しいことか。
片手で弾いているのではないかと思うほどの巧な弓使い。西本のプロ意識は
ここで全開。この曲すべてを支配しているかのような圧倒的な存在感。
 クラリネット、オーボエ、フルートの音色がすばらしい。ホルンも健闘。小さい
音まで丁寧にならす。
 鳴り止まない拍手の後で、アンコール。
 チャイコフスキーの歌劇「エフゲニー・オネーギン」から「レンスキーのアリア」
これが、とてもステキな曲で、もう一度聞いてみたいと思った。CDにはなっていない
そうだ。マイスキーのオリジナル編曲か?オケとチェロの絶妙な絡み合いで感激した。

 休憩時には、マイスキーのCD購入者にサイン会が用意されていた。ミーハーな
私はもちろん行列に並ぶ。間近でマイスキーを拝見!なんとも品のあるお顔で目
が静かな湖のようだった。
 
 後半、ショスタコーヴィチの交響曲第5番。
 これが本当にすばらしかった。こんなに美しい曲だったとは今日初めて知った。
ソロ楽器がたくさん出てくるので、上から見ていてとても楽しかった。ハープと
ピアノの活躍がおもしろかった。一楽章と四楽章がとにかくよかった。一楽章は、
それぞれの楽器の響きを視覚的に十分楽しめた。繰り返し登場するテーマを
追いかけながら、この曲がとても好きになった。四楽章は重く始まったのに、
どんどんテンポが速くなっていって盛り上がった。西本の指揮は本当によく動き
よく聴き、よく歌い、よく語っていた。ショスタコーヴィチもう一回聞きたい。

 カーテンコールで出たり入ったりする姿は、宝塚かと思うようなかっこよさ。
 アンコールはチャイコフスキーの「くりみわり人形」から「花のワルツ」
 これもまたソロが多く、楽しかった。ワルツだが一小節一振りだった。
 西本はチャイコフスキーが好きなのだろうか。
 
 演奏後、駐車場に向かって歩く道で、A席の方だろうか、私の前を歩く二人組が
「いや~今日は一万円の価値があったね。」「来て良かった」
としゃべり合っているのを聞いた。私も興奮冷めやらず、歌いながら車を運転して
帰った。
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-11 01:01 | 音楽