<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

横山幸雄ピアノリサイタル

 
a0023152_2312583.jpg

 13時会場、13時半開演。自由席だったので12時に
会場の「りゅーとぴあ」に行ってみたら、すでにコンサ
ートホール前に20人ほど並んでいる。今回はヤマハ新
潟店設立35周年記念のリサイタルだそうだ。ヤマハ関
係者の姿が見えた。
 私は待ち時間にたまたま『神様のカルテ』を読んでい
たのだが、後ろに並ぶ60代くらいの女性たちが、この
映画のことを話題にしていた。「桜井翔くん、いい男よ
ね。」「あの映画は泣きそうだから、一人で見にいかな
いとね」「あのテーマ曲は辻井伸行さんの作曲と演奏な
のよ」と盛り上がっていた。青春まっただ中のようだ。
 ようやく開場。私はミーハーにも中央のかぶりつき。
私の隣には、白いドレスをまとった女性と、和服姿の女
性がすでに陣取っていた。たまたま一つだけ空いていた
のでラッキーだった。
 ピアノは前回の演奏会のときはスタインウェイだった
が流石に今回はヤマハである。フルコンサートグランド
ピアノCFX。なかなかいい音だった。2000万円近く
するピアノである。
 前半のプログラムは昨年、生誕100年だったショパ
ン。作られた順にくまれていて、横山氏が曲の解説をし
て弾いていく。ショパンの作曲当時の状況をわかりやす
く語ってくれた。その話しぶりは謙虚な印象を受けた。
 1バラード1番
 2ノクターン20番遺作
 3幻想即興曲
 4スケルツォ2番
 5子守歌
 6舟歌
 7ポロネーズ6番「英雄」

 後半は10年前に横山自身が作曲した「祈りのバラー
ド」でスタートした。10年前の「同時多発テロ」のこと
もふれていた。もうそんなに経つのか。
 あとはすべてリストの作品。リストは今年生誕200年。
リストの曲はmcなしで一気に弾き進められていった。

 8横山幸雄 祈りのバラード
 9伝説Ⅰ
10シューマン=リスト 献呈
11オーベルマンの谷
12超絶技巧練習曲集 4,9,10番
13ラ・カンパネラ
 アンコールは リストの「愛の夢」と
ショパンの「革命のエチュード」
 
 メリハリのある演奏だった。一つの曲の中にも
メリハリがあり、プログラムの中にもメリハリが
あった。高音がとてもよく響いていた。
曇りのない明快な音色。
ショパンのバラードと英雄ポロネーズ、
リストの伝説Ⅰとラ・カンパネラが圧巻だった。
私のとなりの女性は、感極まって涙を流していた。

 テンポが安定していて、大事な音をしっかり
鳴らしてくれるので安心感がある。さすがに超絶技
巧練習曲の後お疲れだったようで、顔は汗だくだった。
 アンコールもまたく手抜きなく弾いてくれてうれし
かった。
 やはり、最近聴いたピアノリサイタルの中では
ダントツの満足感を得られた。クリアな音と圧倒的な
ボリューム。ショパンの世界とリストの世界の弾き
分け。
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-28 23:01 | 音楽

情報は飛び込んでくる

 「豆煎坊」にはコンサートやリサイタルのポスターが
たくさん貼ってある。
 なにげなく眺めていて、私は横山幸雄の新潟でのピアノ
リサイタルのチラシを見つけた。え?まったくノーチェック
だったことを恥じた。ホームページを頻繁に見ていたつもり
だったが…。
 昨年の5月4日のショパンピアノソロ連続166曲コンサ
ートの模様をテレビ録画で聴いて以来だ。その後の彼の演奏
には興味があった。リサイタルは8月28日だ。まだ間に合
う。もし豆煎坊に来ていなかったら、私はこの情報をしらず
にいたかもしれない。求めていれば、必要な情報はやってくる
と私は信じている。迷わず、私は「りゅーとぴあ」にチケット
を買いに急いだ。
 ある演奏家を好きになるというのは、不思議な心理だ。
どんなにうまいと言われる演奏家にも、どんなにルックス
のいい演奏家にも全く食指が動かないこともあれば、ある日
突然夢中になることもある。たまたま、出会った演奏にそっ
こんファンになることもある。
 横山幸雄というピアニストは、私にとってまだ未知な部分
があるので、気になる。手放しでファンだとはまだいえない。
しかし、新潟にきてくれるならぜひ聴いてみたい。
 私はつぶのそろった、しかし無表情ではない、クリアな
ピアノの音が好きだ。さて、28日の演奏はどうなるのだろう。
夏の終わりで、気持ちがめいっていたが、一気にテンションが
高まる。なんと単純な私。
 
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-20 20:05 | 音楽

家宝と豆煎坊のデート

 今日は年の若い友人、えいさんとランチデートだった。
お互いに午前は仕事で、どたばたと1時に待ち合わせ。
なんだかんだと長いつきあいになるえいさん。働く女性
として、かっこいい人だ。彼女の話がおもしろいので、
私は、彼女と会うことが楽しみになっている。仕事関係
以外に、友人を持っていることは財産だと思う。
 まず、彼女の観察力と歯に衣きせぬ(深い思慮と遠慮
はあるが)もの言いに圧倒される。本当によく見ているし
よく考えているなと感心する。話はつきない。
 今日の彼女のコンセプトは中国だった。なぜか。中華
料理が食べたいというので、西新潟の「家宝」に行った。
女性向きのセットで、ちょっとずついろいろな中華が並ぶ。
店内は中国を感じさせる雰囲気で、ついたてでテーブルが
しきられているので、おしゃべりな私たちにはもってこい
だった。しかし残念ながら、ここは二時半に閉店。
 あわてて私がいつも珈琲を買いに行く「豆煎坊」に移動
した。昔ながらのコーヒー店だ。店内はさまざなな年代の
お客で混んでいた。
 えいさんは、たくさんある珈琲メニューの中から、迷わ
ず中国珈琲を選んだ。この店で中国珈琲を頼んだ人を私は
初めてみた。「うーん、おいしい。お茶の味に近いような」
なるほど。私は濃いウーロン茶を想像した。ちょっと違う
だろうが。私はモカ・ジャバフレンチロースト。こくがあり
深い味わい。
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-20 19:46 | 日々のいろいろ

今年のお盆

a0023152_22515716.jpg

 14日は墓参り後、親戚が集まって、岩室温泉にでかけた。
温泉なんてぜいたくである。職場の慰労会や送別会で、岩室温泉
を利用したことはあるが、個人で岩室温泉に遊びに来たことはない。
まして「ゆもとや」は初めてだ。なかなか立派な宿であった。玄関
の池の鯉が見事で、それだけでもわくわくした。
 ところで昼間の温泉宿はしずかで、穴場である。宿泊客は
朝のうちにチェックアウトして出かけてしまい、夕方まで館内
は昼食を食べにくるお客くらいしかいない。温泉は一族で独占
状態だった。岩室の温泉の湯はなかなかよかった。自然と一体感
を味わえる露天風呂も心地よい。こんなところでのんびりしていて
よいのだろうか…と貧乏性の私は不安になってしまった。

 お座敷でのお食事は、魚が美味だった。のどくろは脂がのっていた
し、さしみは舌の上でとろけた。鯛のしゃぶしゃぶは初めてだったが
これもいけた。次に出てきたなすとえびの揚げ物も香ばしく、どこの
産のお肉かわからなかったが牛肉はあぶらっこくなくやわらかく食べ
やすかった。つけあわせの夏野菜も歯ごたえがあってなかなかよい。
 しかし何より、白いご飯がおいしくで、ばくばく食べてしまった。
 米がおいしいことがありがたいとこのごろよく思うようになった。
 今年も新潟で無事においしいお米がたくさんできますように。 

 そのあと昼寝をして、(私はもったいなくて起きていたが…)コーヒー
をいただいて…
その後バスで自宅に帰るところが、我が親戚らしい。今回頼んだのは
宿泊客のいない時間帯に食べて風呂にはいるプランだった。 
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-16 22:52 | 日々のいろいろ

アニマシオン勉強会

 昨日は今日は津田沼で開かれた第125回拡大アニマシオン勉強会
に参加してきた。内容盛りだくさんで1日があっという間だった。アニマ
シオンを通して出会った懐かしい方々に再会し交流できたこともうれしか
った。1998年にアニマシオンに出会ってすでに13年。紆余曲折あったが
勉強し続けてきてよかったと思った。
 アニマシオンとは、子どもたちにまるごと一冊の本をよめるように励ま
し、導くメソッドだ。これまで読書を動機付けたり、本を紹介したりする
活動や読み聞かせはさかんに行われてきたが、アニマシオンは読書そのも
のを自分でできるように、「作戦」を用いて集団で行う読書の「おけいこ」
である。作戦には「まとめる読み方」ができるようにするもの、「広げる
読み方」ができるようにするものがある。アニマシオンはこれまで無意識
に本人まかせてきた本の読み方を、明確に意識的に学べるようにした。
 
 私はこれまで、学校や公共図書館でアニマシオンをやるからには、アニ
マシオンで、子どもたちにどういう力をつけるのか、どうやったら効果的
なアニマシオンになるか、よりよいスキルを身につけるにはどうしたらよ
いかに腐心してきた。これらは実践の上で確かに必要なことだ。しかし
それだけでなく、大人が子どもたちに「本を読む文化」や「読書の価値」
を根気強く伝えていくことを忘れてはならないと思った。

 「本なんか読まなくても生きていける」という大人も多い。
本を読まなくてもたしかに生理的には生きていける。しかし知的には死ん
でいることになるのだという黒木秀子さんの主張は説得力があった。

 今回参加したことによる収穫のひとつは、すてきな本に出会えたことだ。
アニマシオンにかかわっていなければ決して読まないだろうと思われる
本に、深く出会えたことは私の財産になっている。
 
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-14 08:10 | 本と図書館

東京新宿御苑古月にて

a0023152_052457.jpg

今日は津田沼でアニマシオンの勉強会
があった。一日があっという間で充実
していた。
帰りは、古月に寄った。あたたかい
歓迎を受けた。窓からはサルスベリが
赤い花を咲かせている様子が見えた。
お得なランチのようなセットがあり、
それをお願いした。三品の前菜。
穴子のやきもの、くらげの和物、イカ
の辛味のいためもの。それぞれ相乗効果
で味をひきたてる。
メインは麻辣豆腐を選んだ。豆腐と卵
のスープの味がやさしい。刺激的な辛さ
にびったり。ご飯も美味で麻辣豆腐をか
けて食べてもいい。
デサートの梅ゼリーには、小さい桃の
蜜漬けが載っている。間引いた桃を漬けた
ものらしいが、あまく香り高い。何とも
デリケートなすてきなゼリーで満足感に
みたされた。
 古月にいくといつもすてきな時間を
味わえる。
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-13 20:12 |

旅のおわり

 
a0023152_124338.jpg

 今日は、すべて日常に戻っていた。しかし私の頭は沖縄時間
から抜け出せなかった。何かきらきらしたものを探している。
 日本列島は大変な猛暑だったそうだが、沖縄は旅している間
ずっと風が吹き抜けていた。だから、日差しは強くても汗を
だらだらかくということがなかった。
 沖縄のしろっぽいコンクリートの建物をなつかしく思い出す。
昭和の店のような丸三で食べた「しろくま」みぞれを思い出す。
沖縄でであったたくさんの猫たちを思い出す。
そうそう、2日目に行ったやちむんの里はおもしろかった。
沖縄のやきものと行ってもいろいろあるのである。伝統的な
ものから、王朝時代のシンプルなもの、現代的なデザインの
もの。これまで抱いていた沖縄の焼き物に対するイメージが変
わった。
 「今回の台風は大変でした。ずっと窯が使えなかったのです。
私たちには窯が命。台風が来ると聞いて、まずは窯が風にやられ
ないように対策を講じました。それから工房、最後に住宅です。
窯が無事で本当によかったです」とお店の方が言っていたこと
を思い出した。
 また、やちむんの里にはミナミヤンマが飛んでいた。虫取り
網を振り回したかった。
 勝連城跡に琉球マイマイがたくさんいたことをおかしく思い
だした。どうしてこんなにカタツムリがいるんだろう?
 おばあからもらったドラゴンフルーツのゼリーをホテルの
部屋で食べた。その色の鮮やかだったこと。割り箸でたべた
あのゼリーの味は忘れられない。
 ああ、沖縄が恋しい。
 日常はじりじりと私の中に入ってくる。
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-12 00:34 |

沖縄の旅6

 
a0023152_020176.jpg

 旅の最終日は、斎場御嶽に出かけた。ここは
ひんやりとした空気が流れている。琉球創世の
神、アマミキヨが国はじめに造った御嶽だという。
三庫理には二本の鍾乳石から水がしたたっていた。
岩からは潮のにおいがする。フナムシがこそこそと
走り回っていた。
 三角形の岩を抜けると、久高島が見えた。
久高島をみようとすると、大きな蜘蛛がしっかり
立派な巣をつくっていていやでも視界に入ってくる。
 それでも久高島は尊く見えた。
 琉球シオカラトンボがたくさん飛び回っていた。
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-12 00:19 |

沖縄の旅5

a0023152_054565.jpg
 
沖縄では、ラッキーなことに完璧な夕日とサンセットの時間を
味わうことができた。丸い透明度のある太陽が海に接する瞬間
を堪能できて身を乗り出して見とれてしまった。
 夕食を、オレンジという名のついた恩納村にあるホテルレスト
ランでとったのだ。オレンジというのは、夕日の色である。この
レストランは夕日が売り物なのだそうだ。太陽が沈む直前に一斉に
ブラインドが上げられる。
 日が沈む瞬間もドラマだったが、その後の雲の色の変化が
絶妙で心うばわれた。食事も(実はバケーションチケットの
サービスディナーだったのだが)きちんとしたフレンチのコース
料理であり、素材で沖縄の味を演出していて感動した。
 
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-12 00:05 |

沖縄の旅4

a0023152_23554735.jpg

 宿泊は首里だった。朝の散歩は坂道だった。
首里金城町の石畳を歩く。眼下に海が見える
美しい琉球石灰岩の坂道。
 ここでは、ラジオ体操をしているおじさんに
声をかけられた。どこから来たのかと尋ねられ
新潟だと答えると「新潟か、なんだかロマンを
感じるね」といわれた。新潟の話題でちょっと
もりあがった。
 そして今ちょうど新聞小説「親鸞」を読んで
いて、佐渡にも興味を持っているのだという。
「ちなみに沖縄は8割の家庭が祖先崇拝なんだ
よ。仏教ではないんだ。だから沖縄には寺が
少ないよ。」と教えてくれた。
 沖縄では、本当によく声をかけられる。
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-11 23:55 |